ベンツGLAの評価や口コミとは?ベンツのSUVは新モデルが人気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ベンツGLAとは?SUV?

メルセデス・ベンツのGLAクラスはSUVと呼ばれるユーティリティ性の高い車で、5ドアハッチバックのみの展開です。2013年にCLAクラスと共に発表された新シリーズで、日本での販売は2014年から行われています。

発売当初は排気量1.6リッターターボ(約120馬力)、2リッターターボ(約210馬力)、2リッターツインターボ(約380馬力)というCLAクラスと同様のラインナップでしたが、2017年に2リッターターボで出力を約185馬力まで落としたパワートレインが加わりました。価格もその分抑えられており、以降はそのエンジンを搭載したモデルが一番の売れ筋となっています。

1.6リッターモデルはFF駆動ですが、2リッターモデルは全て4WD駆動で、SUVとしての性能も抜群です。シフトは7速ATのみとなっており、街乗りでの挙動にも優れています。

先に挙げた、2017年に追加された2リッターターボで約185馬力のモデルは450万円~という価格帯での発売となっており、現在ではBMWのX2、アウディのQ2と共に、外車のSUVでは人気の車です。

また、このGLAクラスは日本の排出ガスの基準で75%低減レベル(☆4)を獲得している(2リッターツインターボモデルは50%低減レベルで☆3)のも特徴で、環境性能にも拘った1台です。

スポンサーリンク

 

メルセデス・ベンツのGLAの評価は?

メルセデス・ベンツ GLAクラスの評価(長所・短所)について紹介したいと思います。

メルセデス・ベンツGLAの評価(長所)

メルセデス・ベンツのGLAクラスでは、2017年に加わった新モデルが売れ筋で、2016年から発売されたアウディのQ2、2018年に発売になったBMWのX2の同価格帯のモデルと鎬を削っています。

特にBMWのX2には2リッターターボで約190馬力、4WD駆動、8速ATというほぼ同性能のモデルが存在しますが、それより約20万円ほどベース価格が低くなっており、どちらか迷った場合にGLAクラスの方を選択する1つの理由となっています。この新モデルの追加は大成功だったと言うことができそうです。

性能を求めるなら、アウディやBMWではそこまではラインナップされていない、飛び抜けた性能のある約380馬力のツインターボモデルも用意されている為、ユーザーから見た選択肢の広さでも他社の車以上です。

メルセデス・ベンツGLAの評価(短所)

1.6リッターターボモデルの性能には疑問があります。アウディのQ2では1リッターターボで約120馬力を発揮するモデルの発売があり、価格も約380万円~とGLAクラスで一番低価格なモデル以下です。

よって、新発売の2リッターターボモデル(約185馬力)こそ、GLAクラスの真骨頂だと言えるでしょう。他社の車との比較も、このモデルで行ってこそです。

スポンサーリンク

 

メルセデス・ベンツGLAの口コミは?

メルセデス・ベンツのGLAクラスを購入した人からの口コミを挙げていきます。

GLAの口コミ1 国産車とはレベルが違います!

国産のSUVも考えていましたが、メルセデス・ベンツブランドに惹かれてGLAクラスにしました。約450万円という価格は少し高いとも思いましたが、実際に乗ってみると、確かにそれだけの価値のある車だと分かりました。パワーも申し分なく、街乗りもとても快適です。(40代・会社員)

GLAの口コミ2 趣味にピッタリの車です!

休みの度にアウトドア活動に出掛けるのが趣味なので、SUVはその大切なお供です。パワーを求めて1.6リッターではなく、2リッターの売れ筋と言われている新モデルを購入したところ、性能は何も言うことがなく、多少のことでは壊れないと思われる頑強さも気に入っています。(40代・自営業)

GLAの口コミ3 SUVとしては物足りません…

メルセデス・ベンツのSUVが400万円だと聞いたので、その価格で購入できる1.6リッターのモデルを選びましたが、FFで120馬力程度ではSUVとしてとても物足りません。これなら国産のSUVの上位モデルにすればよかったと後悔しています。(50代・会社員)

CLSの口コミをまとめると?

SUVというスタイルから、約120馬力の1.6リッターモデルでは、見掛けの割にパワーがないと思われても仕方がないでしょう。このGLAクラスは2リッターモデルでないと真の実力が分からない車だと言えるでしょう。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*