パワーシートとは?車に後付け出来るの?特徴やおすすめな人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

パワーシートのとは?

パワーシートは電動シートとも呼ばれ、主に運転席や助手席に装備される機能で、常ならば手動で操作するシートの前後のスライドや、背もたれの角度調整を電気モーターで行うことが可能となっています。

パワーシートでは電気モーターでシートを動かすので、手動で操作するシートのように調整可能な幅や角度が決まっておらず、シームレスに動かすことが可能となっており、ドライバーが最も快適と感じるポジションに細かく調整することが出来ます。

その他にも、一部の高級車では一度設定したポジションをシートが記憶することが可能となっており、それを数パターン記憶させることにより、家族で使用する際に自分のポジションにワンタッチで調整すること出来るのです。

パワーシートは主に高級車を中心にして標準装備されている機能となっていますが、最近ではコンパクトカー軽自動車でも本革シート等とセットにてオプション設定されていることもあります。

また、パワーシートが設定されていない車を後付けでパワーシート化するアイテムも一部のカー用品店で販売されています。
ですが、改造に手間がかかると工賃が高くなったり、通常のシートよりも座面の高さが一段高くなってしまうといったこともあるので注意が必要となります。

スポンサーリンク

 

パワーシートの特徴は?

パワーシートは高級車に標準装備されることが多いこともあり、非常に便利な装備となっています。そのパワーシートの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。

パワーシートのメリット

シームレスにシートを調整できる

手動で動かすシートは段階が刻まれるように、動かせるシートの位置や角度が決められていますが、パワーシートの場合には電気モーターで動かすので無段階で調整が可能となっています。その為、手動シートよりも快適に過ごせるポジションに合わせやすくなっています。

高級感がある

手動で操作するシートはレバーで操作するのに対して、パワーシートではボタンで操作を行います。その為、調整している姿も非常にスマートで手動よりも高級感があります。

パワーシートのデメリット

動作が遅い

パワーシートでは電気モーターで動かすのですが安全性に配慮していることもあり、シートの動作は非常に緩慢となっています。その為、素早く動かしたいと思う人はパワーシートの動作にイライラするかもしれません。

故障した時の修理費が高い

手動で操作するシートと比べてパワーシートは電気モーターや電気回路を内蔵していることもあり、一般的には故障した時の修理費が手動シートよりも大幅に高くなります。

スポンサーリンク

 

パワーシートがおすすめな人は?

パワーシートには手動シートには無い様々な特徴があるので、用途によっては手動シートよりもパワーシートを使用した方が良いと思う人もいます。その為、パワーシートをオススメする人を紹介します。

車に高級感が欲しい人

パワーシートは主にレクサスやベンツなどの高級車に標準装備されることが多い装備ということもあり、少しでも自分の車の高級感を増したいと考えている人にはパワーシートはオススメとなっています。

特にオプション設定されているパワーシートの多くは本革シートとセットになっていることが多いので、車の高級感が一気に高まります。

レクサスとトヨタの違いはロゴだけじゃない!特徴やおすすめな人?

高級車といえばメルセデス・ベンツ!どんな人におすすめか?

家族で1台の車を使用している人

家族で1台の車を使用していると、他の家族が運転した後に運転席に座るとシートの位置を調整する必要があります。

その際、メモリー機能付のパワーシートならば家族毎にシート位置を覚えさせることが出来るので、ワンタッチで自分のポジションに合わせることが可能となります。

細かい位置まで調整したい人

通常の手動シートだと段階を踏む形でシートのポジション調整を行うことになります。その為、自分が最適と感じる位置に調整出来ないという場合もあります。

しかし、パワーシートならば段階を踏まずシームレスに調整することが可能なので、自分が最適と感じるポジションで座ることが可能となります。

     

スポンサーリンク

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク




コメントを残す

*