BMWの特徴とは?!おすすめしたい人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

BMWとは?

BMWは1916年に航空機エンジンメーカーとして設立され、1929年に4輪車の製造を開始しました。
現在ではドイツを代表する自動車メーカーの1つとなり、イギリスのロールスロイスとMINIを傘下に収めるなど、世界的にも高級自動車メーカーとして不動の人気を博しています。

BMWという社名は「バイエリッシュ・モートレン・ヴェルケ」の頭文字となっており、特徴的なエンブレムは1917年に商標登録したもので、黒く縁取った円の中に白抜きてBMWの文字を配し、中央の円の中を十字に4等分にして点対称に青と白に塗り分けたデザインとなっています。
このデザインは航空機エンジンメーカーであった事にちなみ、飛行機の回転するプロペラを意味しており、青と白の塗り分けは創業地であるバイエルンの青い空と白い雲を表しているとされており、エンブレムに書かれたBMWの字体は過去に何度か変更されていますが、基本的なデザインに関しては変更がありません。

現行車種では多くが3桁の数字でモデル名を表しており、各々の数字やアルファベットが車種やシリーズ、搭載しているエンジンを表しています。また、末尾に付けられているアルファベットは、「i」がガソリンインジェクション仕様、「d」がディーゼルインジェクション仕様、「X」が四輪駆動(4WD)モデルであることを意味しています。

ディーゼル車の燃料である「軽油」と「ガソリン」の違いについてはこちら

スポンサーリンク

 

BMWの特徴は?

BMWのメリット・デメリットについて紹介します。

メリット1 スポーティーで走行性能が高い

BMWはフル4シーターの4ドアセダンをメインに据えつつも、全モデルでスポーティーな車作りがされているのが大きな特徴です。また、駆動方式に関してもフロントエンジン・リアドライブ方式(FR)にこだわっており、最近になるまで前輪駆動(FF)モデルを発売してこなかったように、走行性能の高さに強いこだわりを持ったメーカーとなっています。

メリット2 エンジンフィーリングが良い

BMWはエンジンメーカーとして創業した経緯からエンジンに強いこだわりがあり、ライバル他社がスペースや重量で優位となるV型6気筒に転換する中でも、BMWはエンジンフィーリングを優先して直列6気筒の採用を続けています。その為、小型の車種では車長に対してボンネットが長めとなっているのがデザイン上の特徴にもなっています。

デメリット 故障が多く、費用が高い

BMWは車の性能向上に重きを置いた設計が行われており、新機軸の設計を積極的に採用する傾向にあります。その為、新機軸が原因でトラブルを起こしやすいです。また、同じドイツの高級自動車メーカーのメルセデス・ベンツと比較すると、部品の信頼性が劣っており、交換周期が短く交換に掛かる費用も高額になるので、業務用途では敬遠される傾向にあります。

スポンサーリンク

 

BMWをおすすめしたい人は?

BMWがどんな人にオススメか紹介します。

スポーティーな高級車が欲しい人

BMWは古くからモータースポーツに積極的に取り組むなど、スポーティーな車作りを行なっている高級自動車メーカーとして知られています。その為、フロントエンジン・リアドライブ(FR)方式や直列6気筒エンジンを積極的に採用している他、フロントアクスルを前端寄りに、エンジン配置を可能な限りキャビン寄りにして理想的な重量配分を実現するなど、FR車の美点を追求する自動車メーカーなので、スポーティーな高級車が欲しいと考えている人はBMWをオススメします。

特徴的なデザインが気に入っている人

BMWのエクステリアデザインには大きな特徴があります。それは丸型4灯式のヘッドライトと、キドニーグリルと呼ばれる独特の形状をしたフロントマスクで、キドニーグリルは初のBMWオリジナルモデルとなった303から、ほぼ全てのモデルに採用され続けています。
その為、自動車に詳しくない人でもBMWのフロントマスクを見ると、一目でBMWだと分かる特徴的なデザインとなっており、このデザインが気に入った人はBMWをオススメします。

新機軸を積極的に採用した車が欲しい人

BMWは古くから積極的に新機軸となる技術を採用するメーカーとして知られています。その為、新しい技術を体感してみたいと思う人はBMWをオススメします。

外車・輸入車と日本車の違いについてはこちら

他の自動車メーカーのレビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*