車のオートマ(AT)とマニュアル(MT)はどう違うの?特徴や仕組みは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

車のオートマ(AT)とは?マニュアル(MT)との違いは?

ATミッションのATとは、「Automatic Transmission」(オートマティック・トランスミッション)の略で、発音ではオートマと呼ばれることが多くなっています。その名称の通り、ギアチェンジを勝手に行ってくれるタイプの車なので、運転が簡単なのが一番の特徴です。

MTとは違い、止まっている時はブレーキだけを踏んでいれば構わない仕組みで、発進時にはそれを離してアクセルを踏めばいいだけです。必ず1速から発進し、エンジンの回転数が各ギア毎の規定数に達したところで勝手にギアチェンジを行ってくれるので、今ギアがどこに入っているかを全く気にせずにアクセルだけでスピードをコントロールできます。減速する時もそれを離してブレーキを踏んでいくだけで構いません。

その為、ATの車はMTの車とは違い運転席の足元にアクセルペダルとブレーキペダルしかありません。それに加えて左足で踏むクラッチペダルも存在するMTの車と比較すると、その運転の簡単さはすぐに分かります。

このATミッションの車が一般に販売されてから一気に車が普及したとも言われているほどで、ATミッションは車の世界においてとても大きな発明だったのは間違いありません。

スポンサーリンク

 

オートマ(AT)の特徴は?

運転が簡単

ATミッションの車は、何と言っても運転が簡単だという点が一番の特徴です。フットワーク的にアクセルとブレーキだけで操作できてしまうので、あまり機械の操作が得意ではない女性でも安心して運転できる車だと言うことができます。

ですが、最近の一般車はほとんどがこのATミッション(もしくはそれに類似するミッション)です。MTミッションの車はいちいちギアを変えるという動作が面倒だという点に加え、操作をアクセルとブレーキだけにしたことで、ATミッションの車では運転自体に集中することができるという利点があるからです。

運転している感が乏しい

ATは運転が簡単であることに対して、男性では逆に、このATミッションでは物足りないという人も多く、ATミッションの車はまるでゴーカートみたいだとまで揶揄されることもあります。運転が簡単な反面、車を運転しているという感覚そのものに乏しいと言えるのかも知れません。

スポンサーリンク

 

オートマ(AT)とマニュアル(MT)の見分け方は?

MTミッションとの見分け方はとても簡単で、運転席の足元を見れば一発です。または、シフトレバー部分に「D」や「P」とあれば、それがATミッションです。普段は「D」=ドライブシフトに入れておけば自動的にギアチェンジが行われ、ギアを低速で固定(上り坂の場合に有効です)するには「1」や「2」というギアの数字そのもののシフトに入れて運転します。車によってはこのような数字のギアが付いていないこともありますが、運転そのものにそれほど影響はありません。

スポンサーリンク

 

オートマ(AT)車がおすすめな人は?

できるだけ楽に車を運転したいという人は、このATミッション(類似ミッションを含みます)の車に限ります。ATミッションではプログラムによってギアチェンジのタイミングが決められているので、誰が運転してもその技術の違いがあまり出ません。

車の運転で一番難しいのは、ギアチェンジのタイミングとその操作です。それらをコンピュータが自動的に判断し、行ってくれることから、運転免許上でも明確にMTミッションと分かれています。MTミッション用の免許を所持していればこのATミッションの車も運転することができますが、その逆はできません。

ただし、ドライブシフトで走っていると、特に意識することなく勝手にギアチェンジされてしまうので、MTミッションの車と比較すると、どうしても折角の車の性能(主にエンジンパワー)を活かし切れないことが多いです。よって、車そのものの性能を引き出して走りたいという人には向いていませんが、そんなことより運転が簡単に越したことはないという人はMTミッションよりこのATミッションの車を選んだ方がいいでしょう。

中にはセミオートマと呼ばれる、ドライブシフトの他にギアの分だけ「1」~「5」速といったシフトが付いているタイプもあり、そのような車だとクラッチがないMTミッションの車のように走らせることもできます。ATでは物足りないけどMTは面倒だと思う人は、そのようなタイプの車を探してみるのもいいかも知れません。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*