車のFF駆動の特徴とそのメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

       

ほとんどの車は実はFF駆動なのです

このFFとは、F(フロントエンジン)F(フロントドライブ)のことで、要は運転席より前にエンジンがあり、駆動輪が前輪の車のことです。最近ではパワートレインとして、エンジンとモーターとの組み合わせや、モーターだけの電気自動車もありますが、そのような車でも主となるエンジンやモーターが前方にあって駆動輪が前輪なら、駆動方式上ではこのFFと表現して構いません。

自転車やバイクしか知らない人だと、車の駆動輪はもちろんそれらと同じく後輪だと思っているかも知れませんが、実はほとんどの車はこのFF駆動で、後輪は言わばただ付いているだけという状態です。

何故FF駆動の車が多いのかと言えば、前方にエンジン(もしくはそれに替わるもの)を置く以上、前輪を動かす方が構造的に簡単で、安く生産することができるからです。よって、比較的安価な車はほとんどがこのFF駆動です。

尚、このFF駆動の車のタイヤにチェーンを巻く時は、もちろん前輪に巻いてください。後輪だけに巻いても何の意味もありません。これは、自分の車の駆動方式を知らない人が感覚だけで(きっと後輪が動いていると思って)実際に結構やってしまうミスなので注意してください。

およそ日本で走っている車の約7割は、このFF駆動だと考えてください。それほどこの駆動方式の車が一般的なのです。

スポンサーリンク

 

FF駆動車の特徴とは?

FF駆動の車は、アクセルのオンと同時に車が動き出すのが特徴です。その為、まだ運転にそれほど慣れていない初心者でも操作が簡単だと言うことができます。

アクセルを開けると同時に車が動くのは当たり前だと思っているかも知れませんが、実はそうでもなく、FR駆動(後輪駆動)車だと一瞬の間があります。運転席からすぐ近くのタイヤが駆動輪のFF駆動車は、FR駆動車と比べて率直な反応をしてくれます。これが、初心者にはこの駆動方式がおすすめの理由です。

しかし、加速力という点では限界があります。それに関しては後輪が駆動輪のFR駆動車のそれに敵いません。モータースポーツで使われている車のほとんどはFR駆動車だと言ってもいいくらいで(もちろんそれぞれのレギュレーションにも依ります)、速度を争うという点ではFF駆動車の方に軍配が上がります。

しかし、FF駆動車にはとても素直にアクセルワーク通りに動いてくれるという最大のメリットがあります。慎重な車の挙動が要求される狭い路地での切り返しなどの細かい挙動はFR駆動車より得意なのは間違いありません。また、この駆動方式には比較的安価な車が多いので、その点もメリットの1つだと言ってもいいかも知れません。

スポンサーリンク

 

遭えてFF駆動のスポーツカーも…

スポーツカーと言えば、その速さや加速力が魅力の車種ですが、中には遭えてFF駆動にしているスポーツカーも存在します。有名なのはホンダのType-Rシリーズで、インテグラとシビックのそのグレードは全てFF駆動です。

実はFF駆動はFR駆動より上りに向いているという特徴があります。前輪で車体を引っ張って坂を上っていく感覚を想像してもらうと分かりやすいと思いますが、後ろから押しているとも言えるFR駆動より上り坂が得意なのです。

よって、アップダウンのあるレースでは、FR駆動車よりFF駆動車の方が速いということも少なくありません。上りでは加速力より、引っ張る力の方がスピードに繋がるという訳です。このように、FF駆動は何も安価な車に多いというだけの駆動方式ではなく、用途によっては一番向いているという場合もあるのです。

それに加えて、扱いやすさはここまでに挙げてきたように抜群なので、まずはこのFF駆動車で運転の基本というものを覚えて、それなりに運転技術が身に付いてきたと思ったら、FR駆動車や4WD(=4ホイールドライブ。FFとFRの両方の特徴を併せ持っていると考えてください)の車への乗り換えも視野に入れてみましょう。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*