レクサスのSUV NXの口コミや評判はどう?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

レクサス NXってどんな車?

レクサス NXは2013年のフランクフルトモーターショーで展示された「LF-NX」をベースに2014年に発売が開始されたCセグメントコンパクトSUVとなっています。

レクサスNXのグレードはハイブリッドモデルとなるNX300hと、レクサス初となるターボエンジンモデルとなるNX300の2種類が用意されており、それぞれFF仕様と4WDが選択可能となっています。

出典:https://lexus.jp/

レクサス NXの基本的なアーキテクチャーはトヨタ ハリアー(3代目モデル)やRAV4(4代目モデル)に採用されている新MCプラットフォームとなっており、NX300hのパワートレインに関してはアトキンソンサイクルエンジンの2AR-FXE型エンジンに高トルクモーターを内蔵したハイブリッドトランスミッションを組み合わせたリダクション機構付きTHS2を採用することにより、燃費は21.0km/Lとなっています。

それに対してNX300のパワートレインはツインスクロールターボチャージャーと吸排気のバルブ開閉タイミングを制御する「Dual VVT-iW」を組み合わせ、更に直噴技術である「D-4ST」も採用した8AR-FTS型エンジンとなっており、新開発となる6速ATを組み合わせています。

スポンサーリンク

 

レクサスNXの特徴は?

レクサスNXの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。


出典:https://lexus.jp/

NXのメリット

洗練された力強さを表現したエクステリア

LEXUS NXはフロントマスクは低重心を強調させる造形となっており、スピンドルグリルに上級車種のLXやRXと共通性のあるレイヤー状のデザインを採用する他、シャープでスポーティー感ある超小型LEDヘッドライトユニットにすることで精悍でアグレッシブな表情となっています。

シンプルな中でも高級感あふれる内装

レクサスNXの内装はドライバーが心地良く、使いやすい空間に作り上げておりシンプルな造形の中に機能美を直感できる構造が散りばめられています。

また、レクサス車では初採用となるスマートフォンの「おくだけ充電」に対応している他、カラーヘッドアップディスプレイと一体化したメーターフードを採用するなど、質感の高さと先進性の高さを追求しています。

NXのデメリット

やや死角が多いエクステリア

レクサス NXのサイドウィンドは後方に行くにつれて高くなっているデザインとなっている上に、Cピラーがライバル車種よりも太めに作られているので死角となる部分が多くなっています。

その為、メーカーオプションとなる車両の周辺を表示するパノラミックビューモニターや、側方の車両を検知する左右確認サポート機能が必要となります。

スポンサーリンク

 

レクサスNXの口コミはどう?

LEXUS NXの口コミについて紹介します。


出典:https://lexus.jp/

レクサスNXの良い口コミ

良い口コミ1

エクステリアに関しては好みが分かれる個性的なデザインだと思いますが、個人的にはシャープでスポーティー感あるフロントマスクとサイドデザインが気に入っていてカッコいいと思います。

また、インテリアも乗車した瞬間から高級車に乗っていることを実感させてくれる質感の高さに満足しています。

良い口コミ2

レクサスNXを走らせた感想としてはメカニズムがほぼ共通のハリアーと比較して価格が高い印象がありますが、装備の水準が大幅に向上した上に、車体補強や遮音材などで走りの質自体が別物と言ってもいいほど良くなっています。

レクサスNXの悪い口コミ

悪い口コミ1

レクサスNXはボディサイズが大柄に見える割には居住性が低く、収納スペースの数が少ないので使い勝手の悪さが気になります。

悪い口コミ2

ターボエンジン仕様に乗っていますが低回転域のトルクが弱いように感じられます。

また、組み合わされているトランスミッションが6速ATということも微低速や中間加速時の食い付きが悪く、ライバル車種はもっとエンジンパワーが弱いのにダイレクト感がある加速フィールを実現しているので、もっと工夫をして欲しかったと感じています。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*