ヘッドライトのLED、HID、ハロゲンの違いは?LED化のメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

LEDヘッドライトとは?

車のヘッドライトには現在、3種類が車検対応品で用意されています。その1つがこのLEDタイプのヘッドライトで、他の2種類とは違って(ライト的には)半永久的な寿命を誇り、一番省電力だという特徴があります。

他の2種類についても軽く説明をすると、一番ノーマルだと言えるのが一般の電球タイプのハロゲンライトで、もう1種類がHID(キセノン)ライトです。

これらのヘッドライトは、以下のような性能の違いがあります。

ハロゲンヘッドライト

寿命  :一番短い
消費電力:一番高い
光量  :普通

HIDヘッドライト

寿命  :ハロゲンの3~5倍
消費電力:ハロゲンの50~75%
光量  :ハロゲンより明るい

LEDヘッドライト

寿命  :一番長い(ヘッドライト的には半永久的)
消費電力:HIDヘッドライトの約1/3
光量  :一番暗い

これらはもちろん利用状況によっても変化しますが、およそこれくらいの性能差があると考えておけば大きな間違いはないでしょう。

LEDのヘッドライトはライト部分にLED(発光ダイオート)を使っているので、それ自体の寿命というものがなく、切れてしまうのは接続部分のトラブルなどが起きた場合だけです。

その為、一度購入すればまず交換が不要だという点が何より優れていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

LEDヘッドライトのメリットとは?

車のヘッドライトをLEDのものに変えると、省電力だという点がまず最初のメリットになります。車のバッテリーはエンジンを掛けているとオルタネーターを通して充電される仕組みですが、そのエンジンを掛けずにライトを点けっ放しにしてしまうと、それが原因でバッテリーがあがってしまうことも少なくありません。

もしそのようなことをしてしまっても、LEDのヘッドライトなら消費電力がかなり低いので、そう簡単にバッテリーが尽きてしまうことはないでしょう。

そして、一度LEDに替えてしまえば、次の交換はまず考えなくても構わないという点も大きなメリットです。製品的に他の種類のヘッドライトより割高になることが多いですが、その後は交換をすることがまずないと思えば、それほどの出費という訳でもないでしょう。

ただし、LEDでは光量的に他の種類のヘッドライトよりどうしても劣るという点があります。こればかりはLEDという特性上、どうしようもありません。その為、車によっては車検を通らないことがあるかも知れません。

その心配があるだけに、どのような車にもおすすめという訳ではありません。LEDのヘッドライトは、その光量でも実際の運転において何も問題がなく、きちんと車検をパスできる場合にだけ装着してください。

スポンサーリンク

 

LEDヘッドライトがおすすめなのは?

LEDのヘッドライトは、比較的バッテリーの容量が少ない(エンジンにパワーがないので、充電があまり進まない)ことの多いエコカーやコンパクトカーに向いていると言えるでしょう。その手の車では、ちょっとしたことでバッテリーが上がってしまうことも少なくありません。そこで、ヘッドライトを省電力性の高いLEDにすることで、少しでもバッテリーをもたせることができるようになります。

逆に、高級車やスポーツカーにはあまり向いていません。それは、絶対的に光量が低いことです。これらの車では、安全性やスピードを出した時の実際の視界を考えると、HIDヘッドライトの方が向いています。LEDのヘッドライトは何より省電力性や買い替える必要がない点などのコストパフォーマンスを重視した製品だと言えるので、それをあまり考える必要のない車には向いているとは言えません。

もちろん、車に求める性能はその人によって違います。LEDのヘッドライトがとても向いている車があるのと同時に、このヘッドラップがとても向いているという人自体も居るでしょう。車の維持費を少しでも安くあげたいという人には、当然このタイプのヘッドライトが一番おすすめだからです。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*