SUV ハリアーの評判はどうなの?!特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ハリアーの概要

トヨタ ハリアーは高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUVとして開発され、初代モデルが1997年に誕生しました。
この初代ハリアーが開拓した「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルは、国内メーカー・海外メーカーを問わず各社から数多くの追随モデルが誕生する人気のジャンルとなっています。

出典:https://toyota.jp/

現行型のハリアーは2013年に登場した3代目モデルとなっており、大きな特徴としては2代目モデルまではレクサスRXの国内モデルという立ち位置でしたが、このモデルからレクサス・RXから切り離されて国内専用モデルとして設計されている点です。

その為、先代モデルから引き継ぐ水平基調なスタイリングは一目でハリアーだと分かりますが、全体的なボディサイズやパワートレインに関してはダウンサイジングが行われています。

ガソリン車に関してはエンジンの排気量が2400ccから2000ccへとスペックダウンしているのでパワーも9馬力ほど低下しています。
しかし、ボディサイズが小さくなったことで車両重量がFFモデルで20kg、4WDでは70kgもの軽量化を果たしているので、走行性能への悪影響は最低限度に抑えて上で燃費性能の向上に貢献しています。

排気量とは?これが違う何が変わるの?

スポンサーリンク

 

ハリアーの特徴

ハリアーの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。

出典:https://toyota.jp/

ハリアーのメリット

日本人好みの上質な室内空間

ハリアーの内装はシートやドア内側に合成皮革を使用し、インパネ周りにはピアノブラックの加飾を行うことで全体的に日本人好みの高級感に溢れています。
ハリアーの高級感ある内装はライバルモデルを圧倒しています。

3種類のパワートレインが用意されている

ハリアーのパワートレインには「2000cc自然吸気」・「2000cc直噴ターボ」・「2500ccハイブリッド」の3種類が用意されています。
その為、リーズナブルに購入したい人は2000cc自然吸気仕様を、余裕ある走りを楽しみたい人は2000cc直噴ターボ仕様を、燃費性能を重視する人は2500ccハイブリッド仕様といった風に、自身の目的に応じたパワートレインを選択することが出来ます。

ハリアーのデメリット

ライバルモデルと比べて全体的に高価格になっている

ハリアーは上質な内外装を特徴としていることもあり、同クラスのSUVと比較して価格が高めに設定されています。

大きめのボディサイズは狭い道で扱い難い

ハリアーの全幅は1835mmと日本車としては幅広のボディサイズとなっているので、車両感覚が掴めない内は狭い道路を走る際には気を使います。

スポンサーリンク

 

ハリアーの口コミについて

ハリアーの口コミについて紹介します。

ハリアーの良い口コミ

良い口コミ1

ハリアーはエクステリアが水平基調で非常に格好良く、見る人みんなに「格好良い」と言われます。
また、内装も高級セダンのように上質感に溢れていて落ち着いた雰囲気となっているので満足しています。

良い口コミ2

ハリアーは内部に吸音材を使っているらしくエンジンノイズやロードノイズといった雑音が車内に入ってくる量が少なく、ドライブ中の会話で大声を出す必要もない点に満足しています。

良い口コミ3

ハリアーはゴルフバッグが4個も収納可能な使い勝手に優れたラゲッジルームを備えており、高級クロスオーバーSUVとして高級感と実用性の高さを両立させているので、所有感があって不満に感じる点はありません。

ハリアーの悪い口コミ

悪い口コミ1

ハリアーのハイブリッド仕様車はハイブリッド車として考えると、想像していたよりも燃費が悪いように感じられます。

悪い口コミ2

ハリアーの4WDシステムは本格的なオフロード走行を想定しておらず、あくまでも舗装路を走ることを前提とした車となっているのがハリアーの弱みだと思います。
価格に関しても上級モデルが400万円級になるハリアーはライバル車種よりも50〜100万円ほど高い点も不満に感じています。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*