プリウスPHVの燃費やHVとの違いは?!特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

プリウスPHVの概要

トヨタ プリウスPHVはその名前の通り、プリウスをベースに更にハイブリッドカーならではの構造を拡張させた究極のハイブリッドカーと言える車です。
2012年3代目プリウスをベースにして開発されたモデルが初代で、現行モデルは同じく現行の4代目プリウスをベースにした2代目です。

プリウスはトヨタの低燃費ハイブリッド車!?特徴や口コミ評価は?

出典:https://toyota.jp/

プリウスと言えばご存知のように、エンジンとモーターの2つの動力を持っており、低速時にはモーターだけでも走行できる仕組みになっていることから、それほどスピードを出すことのない街乗り時の燃費は抜群で、軽自動車をも上回るほどです。

そのプリウスの唯一の弱点と言えば、乗り方によってはモーターを動かす為の専用バッテリーがうまく充電されないという点でしたが、それを家庭用のコンセントからでも充電できるという仕組みにしたのがこのプリウスPHVです。

従来のプリウスが充電される仕組みにプラスして、プリウスとは違って好きな時にモーター用のバッテリーに充電できるので、製造メーカーのトヨタが世界に誇る自慢のハイブリッドシステムを最大限に活用することができます。

もちろん実燃費でもベース車両のプリウスを上回っており、維持費をできるだけ安く済ませたいという人にとてもおすすめしたい車です。

スポンサーリンク

 

プリウスPHVの特徴

出典:https://toyota.jp/

プリウスPHVは何と言っても、家庭用のコンセントさえあれば、そこからすぐにでもモーター用のバッテリーの充電ができるところが一番の特徴です。
ベースになっているプリウスでは主にブレーキ時にそこで発生した熱を電気に変換して充電するという仕組みですが、その仕組みはそのままで、更に好きな時に充電ができるようになっていると考えてください。

よって、プリウスの弱点だったブレーキを使わない高速走行が続くとバッテリーがほとんど充電されないという点を言わば手動でも充電できるようにしたことでカバーしました。

更に、現行のモデルではオプション装備としてルーフ部分にソーラーパネルを取り付けることも可能となっており、この装備によって天気の良い日には走っているだけで自然に充電されるという仕組みにまですることが可能です。

また、プリウスでは燃費が悪くなる発進時や低速走行時にモーターをうまく活用する仕組みになっていますが、プリウスPHVではその仕組みの他に、更にモーターの活用度を上げるEVモードというものが搭載されています。
このモードにすると、モーターのパワーだけで済む場面では最大限モーターのパワーを発揮するようになるのです。

このモードにすると常にかなりの電力を使いますが、いつでも充電できることからこそ搭載できた機能です。
そして、このEVモードでは、カタログスペックで何とリッター70キロ近い燃費を叩き出しています。
さすがに実際にはそこまでの数字にはなりませんが、約50キロ走ることも珍しくありません。
ここまで燃費のことを考えて作られている車がプリウスPHVです。

スポンサーリンク

 

プリウスPHVの口コミ

実際にプリウスPHVに乗っている人からの口コミを見てみましょう。
これからこの車の購入を検討している人は是非参考にしてください。

プリウスPHVの良い口コミ

驚きの低燃費です!
(30代・会社員)

以前にレンタカーでプリウスを借りて、同クラスの車より燃費が良いのは知っていました。
それから車を買い換えることになったので、あのプリウスより更に燃費が良いと評判のプリウスPHVを選んだところ、思っていたより燃費が良く驚いています。

この車の燃料タンクの容量は43リットルですが、私が乗る頻度だと1ヶ月間無給油で済んでしまいます。
車自体はプリウスより高額ですが、長年乗ればガソリン代で充分に元がとれそうです。

プリウスPHVの悪い口コミ

思うほど燃費がのびません…
(50代・自営業)

毎日それなりに車を使って移動するので、できるだけ燃費の良い車をと考えて、このプリウスPHVを購入しました。
オプションでソーラーパネルも搭載したので、これならかなり維持費が安くあがると期待していましたが、遠出をすることが多いからか、思ったより実燃費が上がりません。

元々プリウスはストップアンドゴーの多い街乗り時を意識したハイブリッドカーなので、私のように毎日遠乗りをするタイプの人間にはあまり合わないのかも知れません。

口コミのまとめ

口コミで分かるように、プリウスPHVは街乗りに最も適した燃費を発揮する車だと言うことができます。
さすがにモーターだけで時速60キロを超えるような走行はできないので、高速走行時になるとほとんどエンジンだけで走ることになり、肝心の燃費の良さを発揮し難くなってしまいます。

それほど遠くまで行くことがなく、毎日のように街中を走るという人にはこれ以上燃費を考えた車もないと言えますが、高速道路を頻繁に使うような人だと、他の車より燃費が良いのは間違いありませんが、期待ほどの数字にはならないと覚悟しておいた方がいいでしょう。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*