スズキは燃費に優れた小型車が得意!特徴やおすすめな人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

スズキの特徴とは

スズキは大工から身を起こした鈴木道雄氏が1909年に織機メーカーである「鈴木式織機製作所」として創業したことが源流となっています。織機メーカーとして精密機械の加工ノウハウを蓄積すると、その技術を活かした多角化策として戦前から自動車開発の意図を持って、輸入車であるオースチン・セブンのコピー車を製作するなどしていました。その後、実際に自動車業界へ参入したのはオートバイ開発に乗り出した後の1955年となります。

スズキは軽自動車と小型車(コンパクトカー)を主力としており、軽自動車に関しては1973年〜2006年まで販売台数日本一を記録しており、ライバルメーカーであるダイハツと販売台数を競い合っています。しかし、2006年になるとスズキは小型車の強化を打ち出しています。これは基本的に軽自動車の販売が日本国内に限られるのに対して、インドで最大のシェアを握るなどスズキは世界10位の販売台数を誇るグローバル企業として更なるシェア拡大を狙っているからです。

スズキの自動車の特徴は同一モデルのフルモデルチェンジまでの期間が長く改良を重ねて販売を継続するなど、保守的な面があることが挙げられます。その為、モデルチェンジした場合でもキープコンセプトとなることが多く、同一名称のモデルの急激な変化は行わない傾向にあります。

軽自動車の車レビューについてはこちら

コンパクトカーの車レビューについてはこちら

スポンサーリンク

 

スズキの自動車の魅力

スズキの自動車には様々な魅力を持ったモデルが存在します。今回はスズキの自動車の魅力について紹介します。

OEM供給車を除いて全てが寒冷地仕様

多くの国内自動車メーカーはコストを重視しており、寒冷地仕様車に関しては標準車と比較して数万円高く設定していますが、スズキは販売地域に関係なく全ての車を寒冷地仕様車を標準車をとして全国統一価格で販売しています。

軽自動車にマイルドハイブリッドが設定されている

スズキは軽自動車にマイルドハイブリッドを設定しており、基本的に電動機のみでの自走は不可能ですが、エンジンが不得意とする低速時や加速時に電動機がサポートを行って燃費性能の向上を図っています。このマイルドハイブリッドを軽自動車に採用しているのはスズキのみとなっています。

個性的な車種が多い

軽自動車でありながらラダーフレームを備えた本格的なオフロードカーである「ジムニー」や、スズキの小型車は安っぽいというイメージを覆す上質な走行性能によって、日本だけでなくヨーロッパでも人気がある「スイフト」、女性目線を何より重視して開発したウサギがイメージの「ラパン」などスズキは個性的な車種を展開しており、車種を指名買いされる人が多いです。

スポンサーリンク

 

スズキの自動車をオススメしたい人

スズキの自動車をオススメしたい人を紹介します。

小型車〜軽自動車のクラスでオフロード車やSUVの購入を考えている人

スズキはオフロード車やクロスオーバーSUVのラインナップが非常に充実しています。特に軽自動車に関しては本格的な悪路を走破する為に開発された唯一無二のオフロード四輪駆動車である「ジムニー」や、ポップな見た目と使い勝手の良さが評判を呼び大ヒットモデルとなったクロスオーバーSUVの「ハスラー」が人気となっています。その他にもスズキは小型車のSUVが充実しており、「エスクード」を筆頭に「SX4 クロス」・「クロスビー」・「イグニス」・「ジムニー シエラ」といった車種を展開しています。

低コストで燃費を重視した軽自動車や小型車が欲しい人

スズキは軽自動車や小型車にハイブリッド技術を次々と採用しています。確かにトヨタのハイブリッドのような本格的なハイブリッド技術を導入することはコストの面から難しく、多くがマイルドハイブリッドになりますが燃費性能向上への効果が高く費用対効果に優れています。その為、低コストかつ燃費性能に優れた軽自動車や小型車を考えている人はスズキの自動車をオススメします。

 

スズキの車レビューはこちら

他の自動車メーカーのレビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*