軽の車づくりはダイハツにお任せ!特徴やおすすめな人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ダイハツの特徴

ダイハツは正式名称をダイハツ工業株式会社と言い、トヨタ自動車の完全子会社となっています。ダイハツは日本の自動車メーカーの中でも歴史が非常に長く、現在の大阪大学工学部の研究者を中心に1907年に「発動機製造株式会社」として設立されました。設立後、発動機を冠する社名のメーカーが増えたことで、先に出回っている発動機製造株式会社を区別する為に「大阪の発動機」と顧客が呼び始め、やがて詰めて「大発」と略称されたことがダイハツの社名の由来となります。

ダイハツは1930年に自社製のエンジンを搭載したオート三輪を開発することにより自動車業界に参入し、1972年までマツダとオート三輪業界の覇権を争いました。四輪自動車市場に関しては1963年から参入していましたが、当初はライバルメーカーより技術力で劣っていたこともあり苦戦を強いられましたが、1977年に登場したシャレードが高い燃費性能と走行性能を誇りながら低価格を実現したことにより一気に躍進を遂げました。その後は、小型車や軽自動車を中心としたラインナップを充実させることにより、軽自動車総販売台数の座をライバルのスズキと争っています。

ダイハツの大きな特徴として新車を購入する人と過半数が女性ということもあり、女性からの目線を重視した車作りがされている点が挙げられます。

スポンサーリンク

 

ダイハツの車の魅力

ダイハツの自動車の特徴としては、高機能と安全性を重視しつつも低価格を実現すること必要がある小型車や軽自動車に特化した車作りがされている点があります。その為、親会社になるトヨタからも小型車に使用するエンジンの開発や生産を委託される事が多く、現在では軽自動車の製造から撤退したスバルにも軽自動車をOEM供給しています。

ダイハツの車作りはトヨタと同様に品質が高く使い勝手に優れたクセの無い車であることが重要視されており、助手席側のBピラーを省きスライドドアと組み合わせることで優れた乗降性を実現した「タント」は福祉車両のベースとしても人気で、2014年には軽福祉車両のシェアを50%を占めるまでに至りました。また、親会社のトヨタはハイブリッド車に注力していますが、ダイハツは低コストによる燃費性能の向上を実現する為にエンジンとシャーシの改良に力を入れており、「ミライース」では徹底的な軽量化と燃焼効率の改善によって、廉価グレードでは販売価格を100万円以下に抑えながら35.2km/Lという燃費性能を実現しています。

このようにダイハツは低コストかつ実用性に優れた小型車であるコンパクトカーや軽自動車が魅力となっており、このクラスの自動車を購入する際には有力な選択肢となるメーカーとなっています。

軽自動車の車レビューについてはこちら

コンパクトカーの車レビューについてはこちら

スポンサーリンク

 

ダイハツの車をオススメしたい人

ダイハツの車の多くは軽自動車と小型車が占めており、多くの車種が展開されています。今回はダイハツ車を購入することをオススメしたい人を紹介します。

実用性に優れた軽自動車が欲しい人

ダイハツの軽自動車の多くは実用性に特化した車種となっており、「タント」は助手席側のBピラーを省き後席にスライドドアを組み合わせることで、ベビーカーを畳まずに後席に入れることが出来る広大な開口スペースを実現しています。また、「ウェイク」では室内高を軽自動車では最も高い1455mmとすることで、ゴルフバッグを立てて積むことも可能な積載性に特化した車となっています。

開閉式ルーフを持つ軽自動車のオープンカーが欲しい人

ダイハツには軽自動車の中で唯一となる電動油圧ポンプによる開閉式ルーフを持つオープンカーである「コペン」が用意されています。他社にも軽自動車のオープンカーが存在していますが、それは手動で頭上の幌を開閉させるタルガトップに近く、新車で購入できる車種の中ではコペンが最も快適にオープンエアを楽しめる車になっています。

オープンカーの車レビューはこちら

人とは違うトヨタの普通車に乗りたい人

ダイハツはトヨタに軽自動車と小型車(コンパクトカー)を供給している代わりに、トヨタから普通車の供給を受けています。車種はアルティス(トヨタ名:カムリ)とメビウス(トヨタ名:プリウスα)に限られますが、基本的にトヨタ車のエンブレムがダイハツに変わったものとなっており、あまり知られていないこともあって人とは違う車に乗りたい人にオススメです。

ダイハツの車レビューはこちら

他の自動車メーカーのレビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*