日産のクルマは個性的!その特徴やおすすめな人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

日産の特徴的な車とは?

日産車を象徴する車と言えば何を思い浮かべるでしょうか。車好きであれば、「GT-R」や「フェアレディZ」の名前が挙がるのではないでしょうか。どちらも圧倒的な魅力とカリスマ性を持っており、世界中に多くのフアンを有する日本を代表するスポーツカーといって良いでしょう。年式の古いタイプでさえ、プレミアがつき驚くような高値で取引されることも少なくありません。

「技術の日産」というキャッチフレーズがあるように、技術的な面では昔から定評があり、ライバルメーカーとは一味違った車作りを行ってきました。「GT-R」のようなスポーツカーにその技術が導入されているのはもちろんですが、それ以上に注目されているのが電気自動車の技術です。

電気自動車の時代はまだ少し先になりそうですが、しかしこの技術を応用して製造されたe-powerは大ヒットとなりました。他社のハイブリッドシステムとは異なり、ガソリンエンジンを動力源として使うのではなくバッテリーの充電用に用い、動力源は電気モーターに任せるという考えは他のメーカーにもあったわけですが、電気自動車の技術に力を入れてきた結果、e-powerを世に送り出すことができたと言って良いでしょう。日産はバブルのあおりを受けて一時期倒産寸前まで追い込まれたこともありましたが、ルノーの支援を受けて現在に至っています。

スポンサーリンク

 

個性的な車作りが日産の魅力

日産の魅力は、その個性的な車作りにあります。「GT-R」にしろ「フェアレディZ」にしろ、このような圧倒的なカリスマ性を持つ車は、最大のライバルであるトヨタ車には見当たりません。最近では個性的なデザインが際立つ「ジューク」や電気自動車の「リーフ」など、他メーカーに比較できる車がありません。ここに日産だけの持つ魅力があります。

ただ、このような個性的な車は日産の看板的役割を果たしますが、売り上げという点では必ずしも貢献しているわけではありません。好き嫌いがはっきりしてしまったり、日常の使い勝手が悪かったり、価格が高額というのも手を出しにくくさせています。

売り上げの面で寄与している車は、新しい形のハイブリッドカーである「ノート e-power」やミニバンセレナSUVエクストレイルなどです。また「リーフ」も新型に移行してから、初代モデルの欠点であって走行距離などを改善し、売り上げを大きく伸ばしています。

走りの味という点では、多くの場合トヨタほど柔らかすぎず、ホンダマツダほど硬くはない、ちょうどその中間に位置している印象です。そのため誰が運転しても違和感なく運転することができるのが魅力です。

スポンサーリンク

 

日産車をおすすめする人とは?

もし、電気自動車に乗ってみたいという場合は、選択肢が日産しかありません。ハイブリッドカーよりも遥かに燃費が良くエコに大きく貢献している電気自動車は、所有する満足を高めてくれることでしょう。デザインもかっこ良くなり、コンパクトカーなので取り回しの良さも魅力です。

また、カリスマ性に満ち、国産車最高の車のと言っても過言ではない「GT-R」に乗りたいという人も日産しかありません。ただスカイラインから独立したことによって性能が飛躍的にアップしました代りに、価格が1000万円を超えてしまい、なかなか手が出せなくなってしまいました。中古車であれば形式にもよりますが、比較的割安な「スカイラインGT-R」を見つけることができるでしょう。

ミニバンを探している方で、トヨタのノアやヴォクシーの購入を検討している方は、一度日産セレナを試乗してみて比較することをおすすめします。トヨタ車にはない魅力を感じることができるはずです。

さらに個性的でスポーティーなSUVを探しているなら「ジューク」がおすすめです。脱日常のドライブを存分に楽しむことができるでしょう。取り回しも悪くありません。なお、耐久性の点でトヨタに1歩劣ることが多いので、買い替えサイクルは早めがおすすめです。

 

日産車の車レビューはこちら

他の自動車メーカーのレビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*