ミニバンとはどんな車?!特徴やおすすめな人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ミニバンとはどんな車?

これまでファミリカーといえばセダンというのが一般的な常識でした。
しかし、最近は若い層を中心に様相がすっかり変わり、ファミリカーの定番はセダンからミニバンに変わった感があります。
その最大の理由は広々とした室内空間を持っていることや高級感のあるスタイルなど、セダンにはない魅力を持っているからでしょう。

そもそもミニバンというのは、小さなバンということですが、箱型の形状をした、いわゆるワンボックスカーや1.5ボックスかーなど、車高を高くして荷物をたくさん搭載することができ、主に商用を目的とした車である商用車ライトバンなどに対して、そのバンを少し小さくして乗用車として使用することを目的としているのが特徴です。
そのためシートは3列シートが中心となり、7~8名の乗車が可能です。4列シート9人乗りという大型タイプもあります。

エンジンは通常運転席の前方に配置されるので、形状的にはボンネットのある2ボックスタイプやボンネットの短い1.5ボックスタイプがあります。
室内空間に余裕があるので大人数で乗車が可能となることが最大の特徴で、シートアレンジも多彩で使い勝手が広がります。
ただ車高が高くなるために走行が不安定になってしまうという欠点があります。

スポンサーリンク

 

ミニバンの特徴

ミニバンの特徴は、広い室内空間を確保していることです。
それによりまず圧倒的な開放感が生まれます。
車は狭い箱の中に閉じ込められているような感じになってしまいがちですが、頭上空間に余裕があり、さらに縦方向にも余裕があるので解放的です。
じっとしていることが苦手な小さな子どもも、セダンのような狭い空間に押し込められているという感じがしません。
また大人数で乗車することができるので、子どもの数が多かったり、3世代一緒に乗るようなシーンにも大活躍です。
さらにたくさんのお友達を乗せて移動する際にも役立ちます。

また、最近のミニバンは外観のデザインに非常に高級感が増し、威風堂々としています。
そのため以前のような安っぽさが少なく、所有している満足感はとても大きいでしょう。

弱点であった車高が高いために走行中、横に揺られやすいという点についても、かなり改善されてきており、普通の運転をするかぎり破綻をきたすようなことはありません。
メーカーによってはスポーティなセッティングにして、ワインディングロードでもきびきびと走行できるものもあります。
燃費に関しても車両重量が重いために不利なのですが、セダンなどと同様に燃費性能は各段にアップしており、ハイブリッドも登場しています。

スポンサーリンク

 

ミニバンがおすすめな人は?

車には使用目的によって色々なタイプが用意されています。
その中でミニバンがおすすめの人というのは、まず大人数で使用する機会が多い人ということになります。
一人でしか使用しない場合は、せっかくの機能を無駄にしてしまいます。

大人数で使うことができるということで、最近はファミリカーとして人気があるわけですが、子どもが3人以上いる場合や、おじいさんやおばあさんも同居している場合は、1台で全員が一緒に移動することができるので大変便利です。

また、3列目のシートを倒すと巨大なラゲッジスペースとして使用することができます。
ワゴンと比べると高さに圧倒的な余裕があるので、自転車を積むことも可能です。
そのため人間だけではなく、たくさんの物を積む機会の多い方にもおすすめです。
人が大勢乗車する場合はシートを倒し、普段はシートを上げるなど使い分けると便利でしょう。

さらにミニバンの隠れた魅力として、シートアレンジが豊富であることです。
完全フラット状態のベッドにすることもできますので、旅行中のホテル代わりに使うことも可能です。
そのような使い方をするなら、車で寝泊まりしながら旅行をしたいという方にもおすすめです。ホテル代を浮かせることができるでしょう。

 

車のボディタイプ別レビューはこちら

ミニバンの車レビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*