ISという車はレクサス内ではどんな口コミや評価がされてるか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

レクサスのISはどんなシリーズ?

レクサスには色々な種類がありますが、その中のISはスポーツセダンのシリーズです。レクサスの高級感を取り入れた4ドアセダンのみのラインナップとなっており、レクサスブランドが登場する前に同社(トヨタ)から発売されていた”アリスト”を彷彿させる、スポーティなタイプながら高級感のあるところが特徴の車です。


出典:https://lexus.jp/

現在のラインナップはパワートレイン別に、2リッターターボモデル、2.5リッターハイブリッドモデル、3.5リッターモデルの3種類です。価格は2リッターターボだと約480万円~で、2.5リッターハイブリッドモデルが約520万円~(4WDモデルは約570万円~)、3.5リッターモデルになると約560万円~となっており、レクサスとしてはいずれも比較的購入しやすい価格帯だと言えるかも知れません。

スポーツモデルらしく、全モデルでFR駆動ですが、ハイブリッドモデルでは4WDを選択することもできます。3.5リッターモデルは約320馬力を醸し出す自然吸気エンジンを搭載しており、4ドアセダンながらスポーツ性能も抜群です。

燃費を考えるならハイブリッドモデルのFRがおすすめですが、2リッターターボというかつてのスポーツカーブームにとても流行したパワートレインは、その時代にスポーツカーを乗り回していた人からの支持を考えたラインナップだと言っていいでしょう。このモデルでも約245馬力のパワーを発揮し、存分にスポーティな走りを体験できます。

スポンサーリンク

 

レクサスISの特徴は?


出典:https://lexus.jp/

レクサスISの良い点

レクサスのISは、グレードによって多少の装備の差こそありますが、パワートレイン別の3種類のモデルだけというシンプルなラインナップです。よって、単純に好きなパワートレインだけでベースモデルを選択できます。

それも、それぞれ特徴の違うターボエンジンモデル、ハイブリッドモデル、大排気量モデルというラインナップは、選ぶ方のことをとても考えた、シンプルながらこれ以上ない3種類だと言えるでしょう。

また、レクサスと言えば高級車の代名詞と言ってもいい存在ですが、その高級感を持たせながらスポーティに仕上げた外観も、この車ならではの最大の特徴です。

レクサスISの悪い点

高級セダンのLSシリーズと比較すると、高級車としては垢抜けない印象があるのも否めません。悪く言うと、どっち付かず(高級車なのか、スポーツタイプなのか)な車だとも表現できるので、ここは人それぞれです。

かつてのトヨタのセルシオ、アリストが現在ではレクサスブランドに統合された現在、このISシリーズはアリスト、LSシリーズがセルシオの後継となっています。車に対して求めるものがスポーティな走りができるセダンだという人にはとてもおすすめの車ですが、高級感を一番に求める人にはあまり向いていないかも知れません。

スポンサーリンク

 

レクサスISオーナーの口コミは?

レクサスのISを愛車にしている人からの口コミを見てみましょう。


出典:https://lexus.jp/

口コミ評価1 スポーツカーのような走り

2リッターターボのISに乗っていますが、まるでスポーツカーのように走ります。足回りもしっかりしていて、そこまで高額という訳でもないので、好きなように存分に乗り回しています。このように乗れるレクサスはそう多くはないと思うので、同じようにスポーツカーのように乗りたいという人にはおすすめのレクサスです。(30代・会社員)

口コミ評価2 こんな車を探していました

昔は色々な車に乗りましたが、ここ10年くらいはすっかり4ドアセダンに落ち着いています。しかし、少しでもスポーツ車のような車に乗りたいと探していて、ちょうどよかったのがこのレクサスのISでした。多少値は張りましたが、セダンらしからぬ走るができる挙動にとても満足しています。(50代・自営業)

口コミ評価3 少し高いと思います

他社の2リッターターボのスポーツカーからの乗り換えで、このISシリーズにはちょうど同じエンジン構成のモデルがあったので、スポーツセダンも面白いと思って買い換えましたが、性能的にはあまり変わった気がせず、その割には高額だと思います。レクサスブランドなので多少は仕方ないとも思いますが、見掛けはともかくとしても、車としての性能だけなら高いと言わざるを得ないです。(40代・会社員)

レクサスISの口コミ評価まとめ

このISシリーズは、レクサスブランドの中では比較的手が届きやすい価格だと言える車ながら、スポーツカー(スポーツセダン)として考えると、少々高額なのは否めない点です。この車はここをどう判断するかでしょう。

     

スポンサーリンク

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク




コメントを残す

*