FRとは?メリットやFFとの違いは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

       

FRとは?駆動の仕組みは?

車の駆動方式は大きく分けて、FF(フロントエンジン・フロントドライブ=前輪駆動車)と、このFR(フロントエンジン・リアドライブ=後輪駆動車)の2種類です。全てのタイヤが駆動する4WDやAWD(4ホイール・ドライブ、またはオール・ホイール・ドライブ=全輪駆動車)という方式もありますが、主に馬力や安定感が一番に求められる高級スポーツカー、もしくはオフロード用の車で多く採用されており、ごく一般的な車はこのFFかFRのどちらかだと考えて構いません。

FR駆動車はその表現通り、エンジンが前方にあって後輪が駆動します。自転車やバイクを想像すると分かりやすいと思いますが、要は前のタイヤはステアリング(ハンドル)に従って方向を変えるだけの役目で、後輪が動いて走っています。

どのような仕組みで後ろのタイヤが動いているのかと言えば、これも自転車を例にとると簡単です。その自転車は漕いでいるペダル(と直接繋がっているギア)から後輪に向かってチェーンが伸びています。そのチェーンが後輪を動かすので、車で言うとこのFRのような駆動方式です。

車の場合もその仕組みとそれほど変わらず、前方のエンジンの回転をクランクシャフト(自転車のチェーンのようなものだと思って構いません)を通して後輪に伝えています。タイヤに繋がる前にディファレンシャルギアというものがあり、それが左右それぞれの動きを制御しています。

車についてよく知らない人は、このFR駆動が当たり前だと考えているかも知れませんが、実はそうでもなく、世の中の大半の車は前輪が動く仕組みのFF駆動なのです。よって、FR駆動車は比較的マイナーな存在とも言えるのです。

スポンサーリンク

 

FR駆動ならではのメリットとは?

世界で一番初めに市販用に生産された車は、このFR駆動車でした。当時はこのような乗り物(自転車やバイクを含む)は後輪が駆動して走るのが当たり前だと考えられていたからです。

今でもそれ当然だと思っている人も少なくないと思いますが、車に限っては、前輪が駆動するFFの方が製造が簡単です。前方のエンジンからすぐその下に位置する前輪に繋げてしまえばいいことから、後方に駆動に関するユニットを何も置かずに済むので、限られた大きさの中で後部の座席スペースやトランクの容量を大きく取れるというメリットもあります。

ただし、前輪駆動車はその仕組みから、小回りこそ利きますが、加速力や馬力がありません。それらを求めるなら後ろから押される形になるFR駆動の方が向いており、FF駆動車は操作こそしやすいですが、大衆車向けの駆動方式だと言っていいでしょう。

何より、走りを楽しむならこのFR駆動だと言うことができます。それこそ自転車やバイクのような感覚での走りになるので、FF駆動車にはない爽快さがあります。モータースポーツに出場するほとんどの車もこの後輪駆動車(FR以外の方式の後輪駆動の場合もありますが)です。FF駆動車では加速力の面からとても相手になりません。

スポンサーリンク

 

高級車にもFR駆動車が多くなっています

セダンの高級車の多くにもこのFR駆動が採用されています。具体的にはトヨタのレクサスやドイツ製のメルセデス・ベンツ、BMWの高級ラインナップではそのほとんどがまずFR駆動車です。

FF駆動車はどうしても安価な車だというイメージがあり、高級車ではまず採用されていません。もちろんそれだけではなく、いざとなった時の加速が優れているという実用的な面も大きく関係しており、また、技術的にFR駆動車の方が生産が難しいという点も高価な車にこの駆動方式が多い理由です。

FR駆動車は前方のエンジンからクランクシャフトを通して後輪に動力を伝えていますが、左右のタイヤごとにディファレンシャルギアが組み込まれており、例えば左にハンドルを切って曲がる時には右のタイヤの方が大きく回るように設計されています。これによってカーブを曲がるのがスムーズになる仕組みになっており、左右のタイヤの動きが別なのはFFでも一緒ですが、FRでは後輪が動力輪だけに、速度を出している時のコーナーリングのスムーズさはFFではとても敵いません。

よって、FR駆動車はスポーツカーや高級車向けの駆動方式だと言っていいでしょう。低速時の小回りが利くという面ではFFの方が上ですが、スピードを求めるなら断然FRです。FFとFRにはこのような構造上の違いがあるのです。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*