外車のメリットやデメリットは?日本車との違いや魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

外車(輸入車)は海外メーカーの車です

日本にも車メーカーはいくつもあります。ざっと挙がるだけでも、トヨタ、ホンダ、日産、スズキ、マツダ等、いずれも国内だけに留まらず、世界各国への輸出も行っているほどの立派な車メーカーですが、遭えて海外メーカーの車を選ぶ人も後を絶ちません。

それは、海外メーカー製の外車・輸入車にはそれだけの魅力があるからです。特にスーパースポーツと呼ばれる大排気量で高出力の車は日本車ではほとんどありませんが、外車・輸入車なら選び放題です。フェーラーリやランボルギーニのような誰でもそのメーカー名を聞いたことがあるような車には、日本車には決してない魅力があると言っていいでしょう。

また、そのメーカーとしてのネームバリュー自体も外車・輸入車を選ぶ理由の1つです。高級セダン分野で世界をリードしているメルセデス・ベンツやBMWは、車としての性能はもちろん、その見た目やメーカーのロゴマークだけでも威張りが効くというものです。

元々車の運転席の各計器の表現は、日本車であっても英語表記のことがほとんどなので、外車・輸入車に乗ってもその点で困ることはないでしょう。外車・輸入車とは言えど、いざ乗ってしまえば日本車とあまり変わらなく(車のスペックこそ違っても)運転できるという点から、それほど身構える必要もなく、気軽に外車・輸入車を選ぶことできます。

スポンサーリンク

 

外車のメリットやデメリットは?

外車のメリット

外車・輸入車を選択する人が求めるのは、何より日本車にはない魅力です。前項でも書きましたが、特にスーパースポーツの分野では、日本車ではとても及ばないスペックの車が数多く、そういった車に乗ることができるのは外車・輸入車ならではだと言えるでしょう。

外車のデメリット

ただし、外車・輸入車は日本車ほど厳しいチェックは受けていないことがほとんどなので(各国による基準の違いです)、日本車と比べるとトラブルや故障が多いのも事実です。そして、日々の維持費の面でも日本車を大きく上回ってしまうことを覚悟しておいてください。

日本は世界でもガソリンの高い国です。例えばアメリカでは日本のざっと半額程度で購入できるので、アメリカの車は総じてあまり燃費というものを考えて作られていません。また、トラブルや故障があった際の修理パーツをそのメーカーから輸入しないといけないので、これにも費用が掛かってしまいます。更に、重量(や排気量など)による税金も日本車より高くなり、民間の保険の加入料も外車・輸入車は日本車より基本的に高くなります。(安全性能面でどうしても日本車より劣ることが多い為)

これらのデメリット面を最初から覚悟できる人でないと、後で後悔してしまうかも知れないので注意してください。

スポンサーリンク

 

外車・輸入車がおすすめなのは?

外車・輸入車をおすすめしたいのは、比較的車に掛けられるお金に余裕があり、人とは違う(ランクの)車に乗りたいという人です。

スーパースポーツとまではいかなくても、セダンやワンボックス、SUVにも外車は多く存在します。その存在感や、それに乗っているという感覚は日本車では味わうことはできません。

しかし、日本はガソリンが高いことに加えて、道が狭いという点も考慮しないといけません。外車はそのほとんどが日本の基準で言うところの3ナンバー車になります。よって、狭い路地での走行には全く向いておらず、元々道の広い海外で伸び伸びと走らせてこその車だとも言えるのです。日々の街乗りだけなら、日本車の方が優れているのは間違いありません。

尚、外車・輸入車が高額なのは、輸入に伴う関税や、日本までのいわゆる送料が加味されているからです。その分、現地で購入するより随分と割高になってしまうので、価格の割には…ということも少なくありません。この点も、外車・輸入車を購入するなら覚えておきましょう。

よって、外車・輸入車は、比較的広い道を走ることが多く、燃費や維持費に余裕があり、その上で、高額を支払ってでも人とは違うステータスを求めたいという人向けだと言うことができます。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*