トヨタのルーミーとタンクの違いは?!特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ルーミー・タンクの概要

ルーミーとタンクはトヨタが販売している5ドアのトールワゴンで2016年に登場し、基本的に両モデルはデザイン違いの姉妹車となります。

ルーミーとタンクは機能子会社であるダイハツが製造・販売している「トール」をベースにOEM供給されているモデルとなっており、搭載されているエンジンもトールと同様にダイハツ製の排気量1000cc直列3気筒エンジンと1000cc直列3気筒ターボエンジンの2種類が設定されています。

また、安全性能に関してもSRSサイドエアバッグとSRSカーテンシールドエアバッグをオプション設定している他、衝突被害軽減ブレーキである「スマートアシスト2」を採用しています。

トヨタにはスマートアシスト2と同様の衝突被害軽減ブレーキとして「Toyota Safety Sense C」が用意されていますが、ルーミーとタンクはダイハツ製のモデルとなるのでスマートアシスト2となります。

ルーミーとタンクの大きな違いはフロントマスクとなっています。
ルーミーはフロントグリルにメッキパーツを多用したワイルドな仕様となっているのに対して、タンクは大きく開口部を開けたスポーティーなデザインとなっています。


出典:https://toyota.jp/

そして、リアもルーミーはストップランプが赤色であるのに対して、タンクはクリアホワイトとなっています。


出典:https://toyota.jp/

スポンサーリンク

 

ルーミー・タンクの特徴

ルーミー・タンクの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。

ルーミー・タンクのメリット

ガソリン車の中ではトップクラスの燃費性能

ルーミーとタンクにはハイブリッドモデルの設定がなく、1000cc直列3気筒の自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が設定されています。
自然吸気エンジンの燃費は24.6km/Lとなっておりガソリン車の中ではトップクラスの数値となっている他、ターボエンジンは1500ccエンジン並みのパワーを発揮します。

自然吸気エンジンって?

ターボエンジンって?

使い勝手に優れた荷室空間

ルーミーとタンクの荷室空間は後部座席をダイブダウン方式で格納することが出来るので、奥行き1550mmのフラットな空間として使用することが出来ます。
また、多機能デッキボードは反転させると防汚シートとなっているので、自転車やアウトドアグッズのような汚れた荷物を載せてラゲッジルームが汚れたとしても素早く拭き取ることが出来ます。

ルーミー・タンクのデメリット

車重に対してパワー的に無理がある1000ccの自然吸気エンジン

ルーミーとタンクは車体重量が1トンを超える車となっているので、1000ccの自然吸気エンジンでは明らかにパワー不足の状態となっており、山道や急勾配の坂道ではパワー感に欠けています。

スポンサーリンク

 

ルーミー・タンクの口コミ

ルーミー・タンクの口コミについて紹介します。

ルーミー・タンクの良い口コミ

良い口コミ1

タンクに乗っていますがエアロパーツを装着すると、スクウェアなボディ全体が引き締まってスポーティーになってカッコよくなります。
また、インテリアデザインに関しても高級感は感じられませんが、限られたスペースを最大限に生かすようなデザインとなっているので好感が持てます。

良い口コミ2

ルーミは背が高いエクステリアデザインとなっていますが、見かけによらずコーナリング時のロールを感じにくいセッティングとなっているので、ステアリングの軽さと相成って軽快な走りを楽しむことが出来ます。
また、一般的なコンパクトカーよりも着座位置が高くなっているので、道路の見通しに優れている点にも満足しています。

コンパクトカーってどんな車?

ルーミー・タンクの悪い口コミ

悪い口コミ1

ルーミーに乗っていますが、価格の割にインテリアの質感がチープな点が気になります。
これはルーミーに限らずタンクも同様で基本的な質感は比較検討していた軽自動車と大差がないように感じられます。

軽自動車ってどんな車?

悪い口コミ2

自然吸気エンジンのエンジン性能はパワーが不足しており、軽自動車と大差がないように感じられるので、リッターカーらしさを求めるならばターボエンジンを選択した方が良いと思います。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*