プジョー308の評価は?ディーゼルモデルの特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

プジョーのハッチバックとステーションワゴンがラインナップされる308について紹介します。
プジョー308は、猫足と呼ばれるしなやかな足回りとディーゼルモデルが高い評価を受けています。

本記事の内容は以下となります。

  • 「プジョー308とは?車?」
  • 「308のプラス評価・マイナス評価のポイント」
  • 「ユーザーの口コミ評価」

また、外車メーカーであるプジョーについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓
プジョーの特徴である猫足とは?しなやかな足回りの車がおすすめな人は?

 

プジョー 308とは?どんな車?

プジョー 308は307の後継モデルとして2007年に初代モデルが登場しました。その後はプジョーのネーミング手法が変更され、モデルチェンジ時に数字が増えることがなくなり現行モデルは2013年に登場した2代目308となります。

現行モデルではPSAグループが新開発したプラットホーム「EMP2」を採用している点が大きな特徴となっていて、先代モデルと比較して最大140kgもの軽量化を実現しています。

308の日本仕様に採用されているエンジンは最高出力130馬力の1200cc直列3気筒ガソリンターボエンジンと、今後はグループ内の主力パワーユニットになると謳われている最高出力130馬力の1500cc直列4気筒ディーゼルターボエンジンの2種類が用意されており、ガソリン・ディーゼルエンジン共に8速ATが組み合わされています。
馬力とトルクとは?一体どう違うの?

その他にもハイパフォーマンスモデルである308GTiには最高出力270馬力を発揮する1600cc直列4気筒ツインスクロールターボエンジンが搭載されており、6速MT専用モデルとなっています。
MT車のメリットって?どんな仕組みなの?

プジョー 308には5ドアハッチバックモデル以外にも、4ドアステーションワゴンも設定されており、販売価格は283万9千円〜となります。

スポンサーリンク

 

プジョー 308の評価ポイントは?

プジョー 308のプラス評価ポイント・マイナス評価ポイントを紹介します。

プジョー 308のプラス評価ポイント

ネコ足と称される足回り

プジョーといえばネコ足と呼ばれるサスペンションの味付けに定評があります。サスペンションの形式はフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームと同クラスのコンパクトカーとしては一般的なものとなっています。

しかし、セッティングが素晴らしくボディをフラットに保ちつつも、路面の凹凸をしなやかに吸収してくれます。

優れた性能を持つクリーンディーゼルを設定

プジョー 308に設定されているディーゼルエンジンは、高度な排ガス浄化テクノロジーを持つものとなっています。その為、同性能のガソリンエンジンと比較してCO2排出量を低減させながら燃費性能を向上させています。

また、ディーゼルエンジンの弱点とされているアクセルレスポンスもガソリンエンジンと遜色ないレベルまで向上しており、ディーゼルエンジンならではの低回転域からの力強いトルクを活かした走りが楽しめます。
クリーンディーゼルの概要や魅力、オススメしたい人について

プジョー 308のマイナス評価ポイント

質感がイマイチなインテリア

プジョー 308のインテリアデザインはフレンチコンパクトらしくデザイン性に優れたものとなっていますが、質感がそれに追い付いておらずチープな印象を受けます。

また、エアコンやナビの操作が全てタッチモニター上でのものになるので、運転中にエアコンを操作する際にも画面を注視する必要があります。

スポンサーリンク

 

プジョー 308の口コミ評価は?

プジョー308の口コミ評価を紹介します。

良い口コミ評価

エンジンと足回りが絶妙です

プジョー 308のガソリンエンジンモデルに乗っていますが、3気筒エンジンであることを感じさせないスムーズな吹け上がりと、プジョー車ならではの絶妙なセッティングの足回りに満足しています。
エンジンの気筒数はどういう意味?何が違うの?

特にサスペンションは荒れた道を走った時にも過剰に不快な振動をドライバーに伝えることが無く、スムーズにいなしてくれるので車格以上の車に乗っているかのような感覚があります。
車の足回りの固い、柔らかいの違いについて

シートの出来がいいです

プジョーの車はサスペンションのセッティングの良さで知られていますが、308はそれに合わせてシートの出来の良さも際立っているように感じます。このシートは長距離移動を前提にした作りとなっているので、運転しやすく体をサポートしてくれる上に長時間でも疲労が溜まり難いように感じられます。

ディーゼルエンジンのトルクに満足

308のディーゼルエンジンは小排気量でありながらトルク感があって走りやすく、燃費も国産コンパクトカーと遜色なく満足しています。

悪い口コミ評価

エクステリアデザインが無難

フランス車は個性的なエクステリアデザインをした車が多いですが308に関しては無難に纏め上げられていて、強い個性を感じることは出来ません。

タッチ式ディスプレイが使いづらい

308ではオーディオやナビ、エアコンの操作をタッチ式ディスプレイに纏めているのですが、触った感触がないので必ず画面を見て操作しなければいけない点が気になります。

     

スポンサーリンク

 
 
     

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*