スバルの特徴は4WDとアイサイト!おすすめな人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

スバルの特徴

スバルは戦前まで世界有数の航空機メーカーだった中島飛行機を源流とした自動車メーカーで、航空機開発によって培われたデザインポリシーによって機能性や合理性を優先した車を多く送り出してきたという特徴があります。

特に1958年に発売された「スバル360」は、当時の国民車構想の内容に近い水準の車を、航空機技術を応用した超軽量構造によって実現させて、量産型の軽自動車としては初めて4人乗りを可能として日本にマイカーの存在を定着させるなど、日本車の歴史に残る名車となっています。

また、現在のスバルの主力モデルでは水平対向エンジンを前方に搭載して四輪を駆動させる「シンメトリカルAWD」を基本構造としているという特徴があります。
水平対向エンジンは他の形式のエンジンよりも低重心で回転バランスに優れている特徴がありますが、他形式と共用可能な部品が少なく高コストとなることから採用するメーカーは少なく、量産型の乗用車に水平対向エンジンを採用しているメーカーは、スバルとポルシェのみとなっています。
そして、この水平対向エンジンとフルタイム四輪駆動機構を組み合わせたパッケージングを展開しているのは世界でもスバルのみとなっています。

スポンサーリンク

 

スバルの車の魅力について

スバルの自動車には様々な魅力が存在しています。その一部を紹介させて頂きます。

水平対向エンジン

水平対向エンジンはかつてはトヨタも採用するなど普及したエンジン形式でしたが、他の形式との共用可能な部品が少ないこともあり、現在ではスバルとポルシェのみが採用している形式となっています。

水平対向エンジンは独特のボクサーサウンドがファンから親しまれるなどしています。

フルタイム四輪駆動

スバルは1972年に本格的な量産ラインで製造する自動車として世界初となる四輪駆動となる「レオーネエステートバン 1600 4WD」を販売して以降、世界でもトップクラスの四輪駆動の性能を保持し続けており、世界の自動車メーカーのベンチマークにもなっています。

アイサイト

アイサイトとはスバルが開発した衝突被害軽減ブレーキで2008年に登場しました。
2台のステレオカメラによって周囲の状況を解析・判断、車両制御する技術としては世界初となり、従来の安全技術などと比べると格段に高機能なシステムとなっており爆発的な人気を博しました。
その為、他メーカーも衝突被害軽減ブレーキを採用するなど先進安全技術が普及するキッカケとなっています。

スバルの自動ブレーキ「アイサイト」はどんな装置か?

スポンサーリンク

 

スバルの車をオススメしたい人

スバルの自動車をオススメしたい人を紹介します。

降雪地域に住んでいる方

スバルの四輪駆動技術は世界でもトップクラスの性能を誇っており、優れた走破性能は降雪地域に住んでいるユーザーからも高い評価を受けています。

また、スバルは水平対向エンジンとフルタイム四輪駆動技術を組み合わせることにより、重量バランスに優れた車作りが行われているので、雪だけでなく雨等で滑りやすい路面でも安定して走行することを実現しています。

先進安全技術に関心がある人

スバルは2台のステレオカメラによって制御を行う高機能な衝突被害軽減ブレーキシステムである「アイサイト」を従来の安全技術よりも割安な価格で設定しました。
その後もアイサイトは改良が続けられており、2010年に登場した「アイサイトver.2」は大ヒットとなり非常に高い搭載率となり、アイサイトの知名度を一気に向上させました。
その為、アイサイトは衝突被害軽減ブレーキの代名詞的な存在となるなど、現在でも先進安全技術に関してはスバルはトップクラスの知名度と性能を有しています。

また、最近ではアイサイトだけではなく、衝突時に歩行者を保護するエアバッグの採用を増やすなど交通事故による死者を減らす取り組みも積極的に行われています。

スバルの車レビューはこちら

他の自動車メーカーのレビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*