WRXはスバルの最強スポーツセダン?!その特徴と口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

WRXとはどんな車?

WRXはスバルが販売しているスポーツセダンとなっています。WRXという名前はインプレッサのスポーツバージョンとして設定されたグレードに付けられていた名前だったのですが、3代目インプレッサのマイナーチェンジ時にインプレッサの名前が外れて「スバル WRX STI」という名前になり、現行モデルはその後継車種となります。

出典:https://www.subaru.jp/

現行型のWRXは2014年に登場し、インプレッサとは異なる車種として販売されていますが、ベース車種であるレヴォーグと同様に4代目インプレッサをベースにしています。

日本で販売されているWRXには大きく分けて「WRX STI」と「WRX S4」の2種類が設定されています。
WRX STIは旧来のインプレッサWRX STIの系譜にあり、エンジンには引き続きハイパワーユニットとして定評あるEJ20ターボエンジンを搭載し、4WDシステムに関してもSTIの電子制御式センターデフにはインプレッサWRX STI系伝統のDCCDを組み込み、トランスミッションはMTのみとなります。それに対してS4は幅広いユーザー向けとなっており、経済性と性能のバランスに優れた新世代型エンジンのFA20ターボエンジンを搭載し、オーソドックスな4WDシステムにしてトランスミッションもCVTのみとなっています。

スバルの特徴は4WDとアイサイト!おすすめな人は?

スポンサーリンク

 

WRXの特徴は?

WRXの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。

出典:https://www.subaru.jp/

WRXのメリット

スバル スポーツAWDの頂点を極めたWRX STI

WRX STIに搭載されている4WDシステムはDCCD(ドライバーズ・コントロール・センター・ディファレンシャル)と呼ばれるAWDシステムを採用しています。このシステムは前後のトルク配分を自在に制御することが可能な上に、更に効き具合も任意でコントロールすることが出来る、スバルのスポーツAWDの頂点を極めたシステムとなっています。

セダンの形状をしたスポーツカー

WRXはプラットフォームこそ先代モデルのインプレッサと共用していますが、別モデルとなったことで思い切ったボディ補強が可能となり、先代WRX STI比でねじり剛性は40%以上、曲げ剛性は30%以上向上させるなど、パワートレインだけでなくボディに関しても大幅に強化されており、セダンの形状をしてスポーツカーと呼べる存在となっています。

WRXのデメリット

トランスミッションが限定されている

WRX STIに採用されているトランスミッションは6速マニュアルミッションのみとなっており、WRX S4はマニュアルモード付きCVTのみとなっています。その為、AT車限定免許を持っている人はWRX STIに乗ることが出来ません。また、WRX S4をマニュアルミッションで乗りたいと思っている人も、CVTに乗らざるを得なくなっています。

スポンサーリンク

 

WRXの口コミはどう?

WRXの口コミについて紹介します。

WRXの良い口コミ

良い口コミ1

WRX STIに乗っていますが広いトランクルームやリヤシートは4人が乗車しても余裕があり、WRX STIをスポーツカーとして考えると実用性にも優れていると言えます。また、エンジンは4000回転を超えるとターボ過給が顕著になって爆発的なパワーを発揮してくれるので楽しく、重めのステアリング、高剛性ボディ、ストッピングパワーに優れたブレーキと走りに関する要素が高次元でバランスをとっている点が素直に凄いと感じています。

良い口コミ2

WRX S4はSTIとボディを共用していることもあり、エンジンパワーを受け止めるには十分過ぎる程のボディ剛性があります。その為、ワインディングロードをある程度の速度で走っても、ボディが悲鳴をあげるようなこともなく安心して走らせることが出来ます。また、サスペンションも想像していたよりもハードではなく、道路の継ぎ目や段差でもスムーズに走行してくれます。

WRXの悪い口コミ

WRX STIは車両価格が高めに設定されている割にインテリアの質感がイマイチなように感じられます。また、スポーツを強調する為に赤を基調としている点も、大人が乗る車にしては子供っぽい感じがして好きになれません。

スバルの車レビューはこちら

他社セダンの車レビューはこちら

他社スポーツカーの車レビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*