スズキのワゴンRは新型になって評判はどうなった?!特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ワゴンRとはどんな車?

ワゴンRはスズキが販売している軽トールワゴンで初代モデルは1993年に登場しました。
初代モデルは軽自動車の狭さを背を高くすることによって克服させた革命的なモデルとなっており、圧倒的な人気を博して軽自動車市場のトップシェアを長らく維持することになりました。


出典:http://www.suzuki.co.jp/

現行モデルは2017年に登場した6代目となっており、大きな特徴としては初代モデルを現代風にアレンジしたエクステリアが与えられている点が挙げられます。
また、軽自動車としては8代目アルトに次いで採用された軽量高剛性プラットフォームによって、先代モデルよりも20kg程度の軽量化に成功しており、全てのグレードにおいて燃費性能も向上させています。

安全性能に関しては単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減システムである「デュアルセンサーブレーキサポート」が採用されている他、ヘッドライトのロービームとハイビームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能をスズキの軽自動車で初採用しています。

この他にも、後席ドアの両側に濡れた状態の傘をそのまま収納出来るアンブレラホルダーを全グレードに標準装備させるなど、ワゴンRは日常の使い勝手の良さも向上させています。

スポンサーリンク

 

ワゴンRの特徴

ワゴンRの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。


出典:http://www.suzuki.co.jp/

ワゴンRのメリット

全く印象が異なる3種類のタイプ

ワゴンRには以下のような3種類のタイプが用意されています。

・オーソドックスな四角型のヘッドライトを採用した「FA・HYBRID FX」

・フロントグリルから続く横基調のデザインで上下2段に分割されたヘッドライトを採用した「HYBRID FZ」

・より攻撃的なフロントマスクを採用することで若者にターゲットを絞った「スティングレー」

広くてアレンジが豊富な後席シート

ワゴンRの後席は同クラスの軽トールワゴンの中でも屈指の広さとなっており、大人が座って足を組める程の空間を確保しています。

また、後席シートは左右で独立してスライドさせることが可能となっている他、折り畳んで格納させることも出来るのでシートアレンジしやすくなっている特徴があります。

ワゴンRのデメリット

やや視認性に劣るセンターメーター

ワゴンRのメーターは運転席と助手席の中央となるセンターメーターが採用されています。

センターメーターでは車速の他にもエンジン回転数や燃料の残量等を確認することが出来ますが、メーターまでの距離が遠くなるので確認しようとすると見づらいと感じる場合があります。

スポンサーリンク

 

ワゴンRの口コミ

ワゴンRの口コミについて紹介します。


出典:http://www.suzuki.co.jp/

ワゴンR良い口コミ

良い口コミ1

ワゴンRのエクステリアを写真で見た時にはイマイチと感じたのですが、実車を見てみると初代モデルのスクエアなイメージを現代風にアレンジしたデザインになっていて好感が持てました。

また、走らせた感想としてはハイブリッドはモーターのおかげもあって出足も速く、CVT特有のモタつき感も薄いので満足しています。

良い口コミ2

ワゴンRはボディ剛性が向上した効果もあるのか、足回りの質感が非常に良くなっていると感じました。

特に段差を乗り越えた時の跳ねるような感触が無くなっており、リッタークラスのような乗り心地になっています。

また、リアシートも格納させるとフラットな荷室になる点も便利で重宝しています。

良い口コミ3

ワゴンRのハイブリッド仕様に乗っていますが、燃費を意識せずとも25km/Lという数字を出してくれるので、燃料を入れる回数も確実に減っていて助かっています。

ワゴンRの悪い口コミ

悪い口コミ1

ワゴンRのインテリアはコストカットの影響をモロに受けているのか、プラスチック感が満載で安っぽく感じます。特に内装色のベージュは白っぽさを強調させるので、チープな上に汚れも目立ちやすくなるので不満に感じています。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*