ロードスターRFの評価は辛口?マツダのオープンカーの口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ロードスターRFは海外でも有名なスポーツカーです

マツダのフラグシップカーとも言えるのが、このロードスターRFという車種です。登場から一貫して2シーター(2人乗り)、そして、オープンカーにもなるハードトップ仕様でモデルチェンジを重ねており、4代目になる現行モデルでもこの仕様は変わっていません。

出典:http://www.mazda.co.jp/

元はマツダの海外向けスポーツカー専用の”ユーノス”ブランドで発売した車で、2代目以降はマツダブランドからの発売になりましたが、人気は衰えるところか益々加速し、2016年にはワールド・カー・オフ・ザ・イヤーを受賞したほどです。海外では日本のマヅダと言えば、このロードスターRFだというイメージが完全に定着しています。

スポーツカーながら、各モデルとも排気量1.5~2リッタークラスの自然吸気エンジンFR駆動というシンプルな構成も人気の理由です。スピードを求めるのではなく、その独特の雰囲気こそがロードスターRFの最大の特徴だと言えるでしょう。

マツダはこの他にも、かつてスポーツカーのRX-7もユーノスブランドから(後期型はマツダブランドになりました)発売したように、スポーツカーに力を入れていた時期がありました。そのRX-7や、後継のRX-8は排ガス規制などの諸事情から今では発売されていませんが、ロードスターRFだけはモデルチェンジを重ねて発売し続けています。特に海外では完全に同社を代表する車として認知されており、これからも改良を重ねて発売し続けられるのは間違いありません。

スポンサーリンク

 

ロードスターRFの評価は?辛口?

ロードスターRFは雰囲気で乗る為の車だと言っていいでしょう。オープンにして街中を流す姿もとても様になり、幌を閉めればそれなりのスピード感も味わうことができます。

ただし、上位モデルでも130馬力程度のNAエンジンなので、スポーツカーとしては物足りないかも知れません。馬力だけならセダンタイプの車にさえ負けるくらいで、スポーツカーながら、スピードを求めて乗る車とは言えません

ですが、ロードスターRFに乗りたいという人が求めているのは決してそれではなく、この車ならではの需要に対応しているのです。

近年ではこのようなスピードを求めるでもなく、燃費が良いという訳でもない車は世間的な人気にはなりませんが、愛好者にはとても人気が高く、初代のリラクタブルライト仕様車(ライト部分が収納できるタイプで、現在では規定でこのようなライトの車は製造できません)はかなりの高値で取引されています。

ただし、そのマニア価格や現行モデルの決して安くはない価格は、このような車には魅力を感じない人にとってはただ価格が高いだけという現実もあります。全モデルが2シーターという点から、輸送力には全く期待できず、主に1人で雰囲気を味わいながら乗る車という位置付けです。そのような車が好きかどうかで大きく評価の分かれる車であり評価は辛口となってしまいます。

スポンサーリンク

 

ロードスターRFの愛好者からの口コミ

ロードスターRFに乗っている人からの口コミを見ていきましょう。この車ならではの魅力を感じられるかも知れません。

口コミ1 やっぱりロードスターRFです!

2代目のロードスターRFが最初に購入した車で、新車の状態から10万キロ以上走りました。次に3代目のロードスターRFに乗り換えて現在に至っています。

この車の最大の魅力は、1人だけの空間を楽しめるところだと思います。ほとんど1人だけで乗っており、その雰囲気を存分に味わっています。

口コミ2 その雰囲気に魅了されました

以前は馬力のある4WDの車ばかりに乗っていましたが、このロードスターRFに出会って、馬力だけが全てではないと気付かされました。落ち着いた雰囲気でのんびりの乗れるスポーツカーです。

この車に乗っていると、些か大人になった気さえしてくるから不思議です。実際に乗ってみると、日本だけでなく、世界でも人気になっているのが分かります。他にも車を所持していますが、今はこればかりに乗っています。

ロードスターRFの口コミまとめ

ロードスターRFはスポーツカーというカテゴリーですが、スピードを追求するような車ではなく、その独特の雰囲気が一番の魅力だということがよく分かります。馬力の高い車を追い掛けるのに疲れたしまったという人にも是非おすすめしたい車です。

 

マツダの車レビューはこちら

スポーツカーの車レビューはこちら

オープンカーの車レビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*