ボルボの車はどんな人におすすめ?特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ボルボの概要

ボルボは1924年にアッサール・ガブリエルソン、グスタフ・ラーソンによって、スウェーデンでの自動車製造計画が開始され、1626年に自動車メーカーとしてのボルボが誕生しました。

ボルボは古くから自動車の安全に対する姿勢が際立っていることで知られています。これは「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念のもと、徹底した事故調査の実施と設計へのフィードバックを行うと共に、最新の安全技術や安全装備の開発を行うことで、世界一安全なファミリーカーを製造するメーカーの一つと評価されています。

ボルボは1999年に乗用車部門がアメリカのフォードに譲渡され、「ボルボ・カーズ」としてフォードの高級車部門になると、フォードグループ共通のエンジンやプラットフォームを使用することになりましたが、ボルボは安全に対する追求を諦めることなくアイデンティティを守り続けて来ました。その後、2010年にフォードが中国の吉利汽車の親会社である浙江吉利控股集団にボルボ・カーズに関する全ての株主の権利を売却し、フォードグループから離脱することになると安全神話を武器に、ボルボは完全自社開発にてエンジンとプラットフォームを開発するなど北欧の個性派ブランドとして注目を集めています。

スポンサーリンク

 

ボルボの特徴(メリット・デメリット)

ボルボのメリット・デメリットについて紹介します。

メリット1 自動車の安全性を追求したメーカー

ボルボは初期の頃から事故を起こした車を徹底的に調査し、次の設計に活かすなど安全を追求した姿勢が高く評価されているメーカーです。近年では衝突安全性を強化するだけではなく、歩行者用エアバッグを標準装備化するなど、運転手や同乗者だけでなく相手の歩行者も保護するなど、ボルボは世界で最も安全にこだわったメーカーとなっています。

メリット2 スカンジナビアンデザインの内外装

ボルボは北欧の地スウェーデンで創業された自動車メーカーということもあり、同じヨーロッパでもドイツ車やイタリア車とは異なった感性で内外装のデザインがされています。特に内装に関しては北欧の住宅のリビングルームのようにシンプルかつスタイリッシュなものとなっており、くつろげるプライベート空間を演出しています。

デメリット1 輸入車としてはステータス性が低い

日本では国産車の性能が優秀なこともあり、輸入車は所有者のステータス性を表す存在にもなっています。しかし、ボルボはメルセデス・ベンツBMWのように誰もが納得するプレミアム性を備えておらず、「大衆車以上、高級車未満」という中途半端な立ち位置のメーカーとなっています。

スポンサーリンク

 

ボルボをオススメしたい人

ボルボをオススメしたい人を紹介します。

何より安全性を重視した車が欲しい人

ボルボは古くから自動車の安全性向上に対して、様々な努力を惜しまず行なってきたメーカーです。その為、高い衝突安全性能を誇る他にも、多くのメーカーで採用が進んでいる衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能といった未然に事故を防ぐ最新技術もボルボは積極的に採用するなど安全性を重視した車作りを行なっています。
また、その安全性は車に乗っている人だけではなく、対歩行者に対してもエアバックを標準装備化を進めるなど、交通事故での死者を減らす努力が行われているのです。
その為、高い安全性を誇る車が欲しい人はボルボをオススメします。

独特な雰囲気の車が欲しい人

ボルボは北欧で創業したメーカーということもあり、同じ欧州車でも質実剛健なドイツ車や、ラテンの雰囲気が漂うイタリア車とも全く異なったエクステリアデザインやインテリアデザインとなっています。
ボルボはいわゆるスカンジナビアデザインが多く取り入れられており、曲線を多用した独特な温かみがあるデザインでスタイリッシュになっているので、人とは違う輸入車が欲しいと思っている人にはボルボをオススメします。

 

外車・輸入車と日本車の違いについてはこちら

他の自動車メーカーのレビューはこちら

     

スポンサーリンク

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク




コメントを残す

*