クラウンの最新型の評価はどうだ?!特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

新型クラウンの概要

クラウンはトヨタを代表する車種で、トヨタの量販車種の中でも最上級モデルの地位を長く担うなどしています。
クラウンは初代モデルからオーナードライバー向けの乗用車として開発されており、その時代において日本人が求める高級車像を反映するなど、日本を代表する高級セダンとなっています。

セダンのメリットは何だ?!特徴やおすすめな人は?

初代モデルは米国車を手本としながらも純国産設計にこだわって開発され1955年に誕生しました。
現行モデルは2018年にフルモデルチェンジが実施された15代目モデルとなっており、車載通信機DCMを全車に標準装備したコネクティッドカーとなっている他、TNGAに基づき新プラットフォームを採用することにより、「走る・曲がる・止まる」といった車としての基本性能を高めています。

現行モデルのエクステリアデザインではクラウンとして初めて「6ライトウィンドウ」を採用し、ルーフからテールエンドにかけて伸びやかなラインを描いており、ファストバック風のサイドシルエットとなっている他、グレード体系も大幅な変更が加えられており、これまでの「ロイヤル」・「アスリート」・「マジェスタ」が廃止され、ロイヤルに代わる「標準仕様」と、アスリートに代わる「RS仕様」に整理されています。

スポンサーリンク

 

新型クラウンの特徴

新型クラウンの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。

新型クラウンのメリット

大幅に若返ったエクステリアデザイン

現行モデルのフロントグリルはクラウンの風格がありながらもスポーティーさが加わり、ラグジュアリースポーツセダンという雰囲気を醸し出しています。
また、車体側面の窓が片側3枚となる「6ライトウィンドウ」となったことで、セダンらしく太かったリヤピラーが細くなり、ルーフからテールエンドにかけて伸びやかなラインを描くファストバック風のデザインを採用するなど、大幅に若返ったエクステリアデザインとなっています。

トヨタ初のコネクティッドカー

現行モデルでは専用通信機DCMを全車に標準装備することで、ドライバーに様々な情報やサービスを提供します。

日本人の為の高級車

クラウンは日本専用車両ということもあり、無闇に車体の大型化をすることなく1800mmという全幅を維持している他、日本人の体格にあったドアハンドルの位置や高さにするなど、日本人が日本で使用しやすい高級車となっています。

新型クラウンのデメリット

大きく変化し過ぎたエクステリア

現行モデルはこれまでのクラウンから大幅に若返ったエクステリアデザインとなったことで、これまでの保守的なイメージから転換させています。
その為、これまでの重厚なイメージのクラウンを好む人からはスポーティー過ぎる印象を受けると思います。

スポンサーリンク

 

新型クラウンがおすすめな人

クラウンをオススメしたい人を紹介します。

大き過ぎないサイズの高級車が欲しい人

クラウンは日本専用車両となっていることもあり、日本の道路事情に合わせたボディサイズとなっています。
その為、多くの高級車がフルモデルチェンジの度に大型化している中で、新型クラウンは1800mmという全幅を維持している他、最小回転半径を5.3mにするなど、日本市場に向き合った高級車となっています。

走行性能が高い高級車が欲しい人

現行モデルではTNGAに基づく新プラットフォームを採用しており、強化されたボディがサスペンションを正確に動かし、しなやかにストロークすることで非常に優れた安定感を生み、高級セダンとは思えないようなスポーティーな走りが楽しめるようになっています。
それでいながら、クラウンらしい乗り心地の良さも両立させているなど、ライバルとなる欧州車を超える走行性能と乗り心地の良さを実現させています。

外車・輸入車は日本車とはどう違うの?その魅力とは?

先進の安全装備を搭載した高級車が欲しい人

現行モデルでは第2世代型の予防安全パッケージである「Toyota Safety Sense」を採用しており、プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)には夜間歩行者と昼間自転車運転者の検知機能を追加するなど、先進の安全装備を採用しています。

自動ブレーキがあれば安全なの?どんな仕組み?

スポンサーリンク

 

新型クラウンの口コミ

新型クラウンの口コミを紹介したいと思います。

新型クラウンの良い口コミ

良い口コミ1

新型クラウンはトヨタが採用を進めているTNGAの最新プラットフォームとなっていることから、これまでの乗り心地優先の乗車フィーリングから、スポーツセダン顔負けの引き締まった足回りと高剛性ボディによって走らせることが楽しいセダンに生まれ変わっています。
しかし、単純に足回りを固めたのではなく、高級セダンとして乗り心地の良さも引き継いでおり、車内に侵入する不快な振動も徹底的に押さえ込まれている点も気に入っています。

足回りの固い、柔らかいの違いって?

良い口コミ2

これまでの高齢者が乗る親父車というクラウンのイメージから変わって、若々しいイメージの車へと生まれ変わった点が良かったと思います。
また、静粛性もクラウンらしく素晴らしく、アクセルを踏み込んだ時に聞こえる排気音もスポーティーでファントゥドライブを感じさせてくれます。

新型クラウンの悪い口コミ

悪い口コミ1

新型クラウンは先代モデルから大きくエクステリアデザインが変更され、これまでの重厚で高級車然としたエクステリアから、欧州の高級スポーティーセダンのようなエクステリアに変更された点が残念です。
また、足回りも日本で乗るには必要以上に引き締められていて、もう少し乗り心地の良さの方を考えて欲しかったです。




あなたの愛車を一番高く買い取ってくれるお店探し

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*