86の評価は?!かっこいいスポーツカーの特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

86の概要

86はトヨタスバルと共同開発したFRレイアウトのスポーツカーで2012年に登場し、スバルのBRZとは兄弟車となります。

86は走る楽しさを追求した「直感ハンドリングFR」というコンセプトを実現する為に、小型軽量・低重心・低慣性を特徴とした車として開発されています。

出典:https://toyota.jp/

小型FRスポーツカーとして驚異的な人気を誇った同社のAE86型カローラレビン・スプリンタートレノに倣って、ハイパワーエンジンやハイグリップタイヤに頼らずとも走りを楽しめる素性に優れた設計とすることで、自分だけの1台を楽しみながら育てるスポーツカーとして86と命名されました。

車のFRって?FFとはどう違うの?

86は低重心と重心バランスを追求する為に搭載するエンジンにはスバルが開発したFB20型をベースにして、トヨタの筒内直接噴射・ポート噴射同時制御である「D-4S」を組み合わせたFA20型エンジンが用意されています。
このFA20型エンジンを縦型に搭載し、後輪駆動させるFRとなっているのが大きな特徴です。

元々はプラットフォームをはじめとして部品の多くを流用させる予定でしたが、90%近くが新設計となるなどトヨタとスバルのスポーツカーに対する強いこだわりが感じられる車となっています。

スポンサーリンク

 

86の特徴

トヨタ 86の特徴(メリット・デメリット)について紹介します。

86のメリット

水平対向エンジンによる低重心ボディ

トヨタ 86に搭載されているエンジンはスバルと共同開発した水平対向4気筒エンジンとなっています。
その為、一般的な直列4気筒エンジンと比較すると重心位置が非常に低く、ボンネットフードの位置を抑えることに成功しました。
その結果、ドライバーのシート位置も下げることになり、重心の位置が重要となるスポーツカーには大きなメリットとなっています。

ボディとサスペンションの完成度が高い

86のボディとサスペンションはスポーツカーとしての完成度が高く、あらゆる方向から応力が掛かったとしても剛性が高いボディが受け止めて、サスペンションに仕事をさせることが可能となっています。
この素性の良さが86の走行性能の高さに繋がっています。

86のデメリット

エンジンのベースがスバル製

トヨタはセリカやスープラといった車好きならば誰もが憧れるスポーツカーを開発して来ました。
それらの車種に搭載されているエンジンはトヨタ製でしたが、86のエンジンはトヨタの技術が組み込まれているとはいえ、ベースがスバル製となっているので、エンジンからトヨタらしさを感じるのは難しいです。

スポンサーリンク

 

86の口コミ

トヨタ 86の口コミについて紹介します。

86の良い口コミ

良い口コミ1

86のエクステリアは低く抑えられたボンネットフードや、リアエンドまで伸びやかなラインを描くボディなどスポーツカーらしさに溢れていて満足しています。
また、エンジンに関しても超弩級スポーツカーのような過激なパワーはありませんが、普通の人がスポーツ走行を楽しむには十分なパワーがあり、走る・曲がる・止まるのバランスに優れていると感じています。

良い口コミ2

アクセルと踏み込みと気持ちの良いサウンドと共にグイグイ加速してくれます。
その上、ノーマル仕様であっても接地感が抜群で、車に興味がない人を横に乗せても嫌がられない乗り心地にも満足しています。

86の悪い口コミ

悪い口コミ1

86は過去の名車と呼ばれるスポーツカーと比較するとホイールベースが長く直進安定性重視になっています。
その為、せっかくのフロントエンジン・リアドライブとうスポーツカーとして最高の駆動方式のメリットを活かしきれていないと感じています。

悪い口コミ2

86は走りに関する要素にお金を掛けていることもあり、内装に関しては悪い意味でプラスチック感が満載で、遮音性も非常に低い点も価格相応の質感が足りないように思えて不満を感じています。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*