速度取り締まり機の種類や設置場所は?どう注意する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

速度取り締まり機(オービス)とは?

速度取り締まり機(通称オービス)主要道路上ハイウェイを主としてセットされており規定スピードをオーバーして走行するクルマバイクを認識すると該当車両スピード登録するすると同時に証明となるナンバープレードライバー記録おこなう速度取り締まり機です

基本としてでは相当なスピード超過があったケースでのみ登録されるので一般道路上では30km/h・ハイウェイでは40km/h以上のスピード超過が発見できた場合にのみ行なわれます

また、速度取り締まり機をセットしいる道路上では速度取り締まり機をセットしいるところおおよそ1km3km手前設置したことを警戒させる標識を2箇所以上に用意していますこれは司法関係例によりスナップ撮影犯罪証拠とするには事前通知犯罪行為瞬間の撮影を必要としているからだといえます

相当なスピード超過はたらき速度取り締まり機スナップ撮影された場合2~3日程度から30以内に警察署から該当車両オーナーの通知配送されてしまうことになり運転していた人物警察署での経緯聴き取り簡易裁判所での裁判をうけることが必要ですそれから後に刑事処分行政処分されることになります

スポンサーリンク

 

速度取り締まり機の種類は?

日本中にセットされている速度取り締まり機種類だけに限らずスピード計測方法撮影方法でグループ存在しています本日はひとつひとつの特徴について紹介します

レーダー

レーダー路上レーダー発光機構セットすることで運転する車両レーダーを放出しスピード計測しますその為ノンストップでが発生していることから市販のレーダー探知探知することができます

ループコイル

ループコイルループコイルと呼ばれる生じる器機路上埋め込みますこの器機6.9m置き位のペースで箇所セットにされておりこのを通過した車両速度計測することでスピード超過した車両をカメラで撮影します

Hシステム

Hシステム日本国内に圧倒的にセットの多い速度取り締まり機で、レーダーと同じ様にレーダーを放出することでスピード計測するシステムです。しかし、Hシステム発光パターンを変化させることから市販のレーダー探知探知するのが困難になっています

LHシステム

LHシステムループコイルHシステム寄せ集めた速度取り締まり機だと言えます基本としてスピード計測にはループコイルを使用しているのですが、LHシステムでHシステムと同じ様に部のデジタルカメラでフォト撮影おこないます

移動

移動とは速度取り締まり機設備をワンボックスカー搭載しておきさえすれば任意の位置規制を行うことを可能にしています

最新小型

最新小型とは2014年頃以降開発されていて主として身辺路上といった狭小な路地セットするための速度取り締まり機であると言えますこの為極めてコンパクトであることが特徴となっています

スポンサーリンク

 

速度取り締まり機の注意ポイントは?

オービスに関係した注意ポイントとしては速度取り締まり機セット箇所の前に警告看板セットされていますこの為、「自動速度取締 設置区間という書かれた青い看板見かけた時にはその1km2km先に速度取り締まり機セッティングされています

その他にも有効な対処方法としてはレーダー探知が存在します。レーダー探知ネーミングの通りレーダーを探知して取締見付けてくれる機器となっており、取締で扱われているレーダーにはいくつかのがあるのでその探知することで速度取り締まり機探知します

ですが、疲れや眠気でうっかり速度超過をしてしまう前に休息をとったり、運転を避けることが一番のポイントとなります。オービスの設置場所云々の前にそもそも速度超過を起こさないことが重要です。

スポンサーリンク

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*