レーダー探知機とは一体どんなもの?付けた方がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

       

レーダー探知機は無人の取締りから逃れる為の装置です

車に乗っていると、道が空いていたり、夜中に他に誰も走っていないような状態だと、ついスピードを出し過ぎてしまうということも少なくないでしょう。

しかし、例え誰も見ていなったとしても、世の中にはそれを無人で感知する為のレーダーというものがあわゆる場所に付けられています。特に空いているとついスピードを出してしまいがちの長い国道沿いにはたくさんの数が取り付けられているので、それによって後日スピード超過による罰金の通知が届いてしまうといったことがあるのです。

そのような無人のレーダー装置のことを一般にオービスと呼びますが、これは一見では分からないに付けられていることが多いです。その存在を見た目ではなく、逆にレーダーによって感知してくれる装置がこのレーダー探知機です。
速度取り締まり機の種類や設置場所は?どう注意する?

レーダー探知機はオービスが車のスピード超過を感知する為に独自の周波数帯の電波を利用しているのを利用して、その電波を感知することでその存在を認識します。近くにオービスがある可能性が高い場合にはすぐに警告を出してくれるので、慌ててスピードを落とすといったことができるようになるのです。

このように、レーダー探知機は無人のスピード超過判定用レーダーに引っ掛からないようにする為の、言わば”安全対策”として車に取り付ける装置だということです。

スポンサーリンク

 

レーダー探知機を取り付けるメリットと注意点

レーダー探知機のメリットは、何よりうっかりスピードを出し過ぎてしまった時にオービスによってそれを感知されてしまうことを減らせることです。

このレーダー探知機には色々な種類があり、比較的安価の製品だと、オービスからの電波をキャッチすると警告音が鳴るだけだったり、その電波の強さによって音が何段階かに変わるという程度の性能しかありませんが、高価な製品になると、まるでカーナビのように液晶モニターが付いていて、現在の位置からオービスがある方向や、その大体の距離を算出してくれるような機能まで付いています。

もっと高性能の製品になると、オービスからの電波だけでなく、警察車両の無線が近くで使われているということまで警告してくれる機能が付いています。これによって近くに警察車両が居る可能性が高いと分かる訳です。

よって、取り付けるなら高性能の製品を選ぶに限りますが、必ずしも全てのオービス類や警察無線に対応しているという訳でもありません。それは、オービスや警察無線がどのような周波数帯の電波をどれくらいの出力でどの程度の範囲に出しているという情報など、公開されている訳がないからです。

つまり、レーダー探知機は勝手にその電波を推測しているに過ぎません。その為に、もしオービスを感知してくれなかったことでバッチリとナンバーを映されてしまい、超過速度による罰金などの刑を受けてしまっても一切どこにも文句なとは言えないのです。

スポンサーリンク

 

スピードを出してしまうクセのある人にはおすすめですが…

レーダー探知機はきちんと法定速度を守って運転するという人には全く必要のない製品ですが、空いているとついスピードを出してしまうという人、または高性能のスポーツカーに乗っているという人なども付けておいた方がいいかも知れません。

レーダー探知機に関しては、当然の如く、その違法性が問題になることが度々あります。法定速度を守るということは、運転免許を所持していれば当然の義務なので、それを破ったことで罰せられるのを未然に防ぐ為のこのような装置には、違法行為を助長させる疑いがあるからです。更に、中には感知のレベルを上げる為に高出力の電波を発信するような製品もあり、これは別の意味で(電波法によって)違法なので決して使ってはいけません。

現在のところ、日本でこのレーダー探知機は一部の違法性の高いレベルの電波を発信するような製品を除き、使っていることで罰せられることはありません。完全に合法だとは言い難い部分もありますが、苦々しくも使われるのを止めることはできないという状況だと考えてください。

しかしながら、できればこのような装置は付けないに越したことはありません。大体の装置は詳しい人がそれ自体を見ればレーダー探知機だと分かるので、場合によっては痛くもない腹を探られるということにもなってしまいかねません。

海外のフランスやオーストラリアではこのような装置は完全に違法とされており、付けていたことでの逮捕者まで出ています。日本ではまだそこまで厳しくなっていませんが、このような装置に頼ることなく、自ら心掛けて安全運転をすることが一番大切なのです。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*