車のイモビライザーとは?!どんな仕組みの車盗難対策?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

車のイモビライザーとは?盗難防止の仕組みは?

車のイモビライザーとは自動車盗難防止システムの一種で電子的なキーの照合システムにより、キーのIDコードと車両側のIDコードが一致しないとエンジンの始動が不可能となる仕組みのシステムです。

その為、合鍵によってドアを開けることは出来ますが、正規な手続きを踏まえて作った合鍵でなければIDコードが一致せず、エンジンを始動させることが出来ない仕組みとなっています。
このキーを識別するIDコードは高度に暗号化されており、その組み合わせは数百万通り以上になるので複製することは極めて困難といえます。

イモビライザーはヨーロッパでは1995年から盗難対策に全ての車に装着することが義務付けられるなど、世界的に標準装備化が進められています。
日本でも2000年代から採用が始まり、現在では高級車を中心として多くの車種でイモビライザーが採用されています。

このイモビライザーは高度な盗難対策システムとなっていることもあり、ホームセンターなどで作った合鍵では始動させることが出来ません。
その為、イモビライザーのスペアキーに対応している専門の合鍵屋さんや、車の正規ディーラーに依頼して作成する必要がありますが、当然ながら費用に関しては従来のスペアキーよりも高くなります。

スポンサーリンク

 

イモビライザーの特徴は?

イモビライザーのメリット・デメリットについて紹介します。

イモビライザーのメリット

防犯を意識せずに盗難対策が行える

イモビライザーは車の鍵の中に内蔵された盗難防止システムとなっているので、エンジンを停止するだけで防犯システムのスイッチを入れた事になります。
その為、車を停めて車外に出る時に他の操作が要らないことから、防犯を意識せずに盗難対策を行えます。

合鍵や配線直結に強い

イモビライザーのIDは暗号化されている仕組みとなっており、その組み合わせは数百万通り以上になるので正規の鍵を盗まれない限りはエンジンを始動させることは出来ません。
その為、これまで自動車盗難グループの有効な手口だった合鍵や配線直結に有効となっています。

イモビライザーのデメリット

絶対的な盗難対策ではない

イモビライザーは非常に有効な盗難対策ですが、イモビライザーを装備していても、不正な手口によって車を盗難されるケースが報告されています。

車上荒しを防ぐことは出来ない

イモビライザーはあくまでもエンジンの始動を防止するシステムなので、合鍵を作成されてしまうと簡単に車内に侵入されてしまいます。
その為、イモビライザーがあるからと安心して車内に貴重品を置いていると、合鍵や窓を壊される等して盗難される危険性があります。

スポンサーリンク

 

イモビライザーがおすすめな人は?

イモビライザー装着車がおすすめな人を紹介します。

手軽に盗難対策を行いたい人

盗難対策にはハンドルロックやタイヤロックのような物理的に車を動かせなくする装置や、振動や車内への侵入を検知して音や光で周囲に知らせる物があります。
しかし、これらの盗難対策は重たいロックの施錠と開錠を毎回行う必要があったり、誤作動で大音量の警告音が鳴って周囲に迷惑をかけるといったデメリットがあります。

しかし、イモビライザーは車のエンジンを停止するだけで正規の鍵以外ではエンジン始動が不可能となるので、盗難対策に手間を掛ける必要がありません。その為、手軽に盗難対策を行い人にオススメです。

人気車種に乗りたいと思っている人

ハイエースやプリウスなどの人気車種は売却価格も高くなることから窃盗犯の標的となり盗難されやすいです。
その為、人気車種に乗りたいと考えている人は盗難のリスクを下げる為にもエンジンの始動が難しくなるイモビライザーを装着している車を選んだ方が良いでしょう。

治安が悪い地域に住んでいる人

治安が悪い地域では駐車場に停めている車が車両盗難に遭う確率が他の地域よりも高くなります。
その為、防犯の為にエンジンの始動が難しくなるイモビライザーを装着した車を選ぶことで盗難を防ぐことが出来ます。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*