ヴェルファイアの評判は?!トヨタの高級ミニバンの特徴や口コミは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ヴェルファイアの概要

ヴェルファイアはトヨタが販売する大型ミニバンで、アルファードとは兄弟関係にあります。
ヴェルファイアの特徴は上品さや洗練さを謳うアルファードに対して、力強さや先進性を謳っており、フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用するなどアグレッシブなエクステリアとなっています。

アルファードの評価は?!特徴や口コミは?

出典:https://toyota.jp/

現在発売されているモデルは2015年に登場した2代目となっており、重厚感を強調した迫力あるフロントデザインにする為に、金属を削り出したような縦幅の広いメッキバーのフロントグリルに2分割ヘッドライトを鋭く噛み合わせたようなデザインとなっています。

また、ミニバンの弱点とされる走行性能を改善する為に、リアの足回りにはダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用すると共に、高張力鋼板を採用する箇所を増やし、構造用接着剤を新たに導入することによって、乗り心地と操縦安定性を大幅に向上させています。

そして、鋼板と鋼板の間に制振材や吸音材などを挟み込んだ複合鋼板を使用することによって、高級車に相応しい静粛性を実現しています。

このようにヴェルファイアはトヨタの最高級ミニバンとして、ラグジュアリー性が高く最高のおもてなしを感じさせる快適な空間となっています。

スポンサーリンク

 

ヴェルファイアの特徴

ヴェルファイアの特徴(メリット・デメリット)について紹介します。

出典:https://toyota.jp/

ヴェルファイアのメリット

エアロや加飾が豪華

ヴェルファイアは迫力があり押し出し感があるデザインが魅力となっており、エアロパーツを装備したグレードを選べば更に迫力を増すので路上でも非常に目立ちます。
その為、ヴェルファイアの売れ筋もエアロパーツを装備したグレードとなっています。

車のエアロパーツって?なんでつけるの?

全ての座席の快適性が高い

ミニバンは3列目までシートがありますが、多くの車種では3列目シートは「おまけ」のような扱いとなっていて、乗り心地も良くない場合があります。
しかし、ヴェルファイアは車体のサイズが大きいこともあり、3列目でも快適な移動空間を実現しています。

ヴェルファイアのデメリット

車体価格が高い

ヴェルファイアは最廉価モデルであっても330万円、最も高価なグレードとなると750万円と高級車に相応しい高価な車種となっています。
その為、人気車種でリセールバリューは高いのですが、購入するにはかなりの予算が必要となります。

燃費性能に期待出来ない

ヴェルファイアは車両重量が2トンを超えることもあり、重量級のボディを引っ張る為にエンジンの排気量も大きくなっているので燃費性能に期待することは出来ません。

排気量とは?違うと何が変わるの?

スポンサーリンク

 

ヴェルファイアの口コミ

ヴェルファイアの口コミを紹介します。

ヴェルファイアの良い口コミ

良い口コミ1

マイナーチェンジを機に更なる静粛性の向上に力が入っており、吸音材を追加しているので高級車に相応しい快適性を体感することが出来ます。

良い口コミ2

ヴェルファイアにはトヨタセーフティセンスPよりも高性能な安全装備となる「トヨタ セーフティセンス」(自動ブレーキなど)を標準装備しています。
これはトヨタ車として初となる単眼カメラとレーダーを組み合わせたものとなっていて、先進安全技術で出遅れているイメージがあったトヨタでしたが、ライバル車種と比較しても遜色ない性能を有していて、運転していても安心感があります。

自動ブレーキの仕組みって?

ヴェルファイアの悪い口コミ

悪い口コミ1

メーカー純正オプションのナビが65万円と非常に高くて手が出ませんでした。
これほど高価になっているのはJBLのプレミアムサウンドシステムが抱き合わせになっており、ブルーレイディスクの再生にも対応しているナビにもなっているからです。

悪い口コミ2

排気量2500ccグレードに限った話になりますが、高級車であるにも関わらずアイドリングストップがオプションになっています。
しかも、価格が56160円と高く燃費性能に優れた車という訳でも無いので標準装備にしておいて欲しかったと感じています。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*