レーダークルーズコントロールの使い方は?全車速追従機能付の搭載車がおすすめな人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

レーダークルーズコントロールとは?

レーダークルーズコントロール(以下レーダークルーズ)とは追従型のクルーズコントロール機能で、一般的なクルーズコントロールは高速道路などでアクセルから足を離しても一定の速度を維持するする機能となっており、アクセルを踏み続ける必要がないので、長距離運転時の疲労を軽減してくれます。

しかし、一般的なクルーズコントロールには大きな弱点があります。それは車の量が多い道や渋滞時です。前方を走っている車の加減速が頻繁に行われると、一定速度で走っていると前方の車に追い付いてしまいます。

このクルーズコントロールの弱点を解消するのが、レーダークルーズを含む追従型のクルーズコントロールで、追従型という名前が示す通りに、レーダーやカメラといった各種センサーを利用して前を走る車の状況を検知して、速度や車間距離を自動的に調整して走行してくれます。
その為、100km/hでセットして走行すると、前方に車がいなければ100km/hで走行するのですが、前方に90km/hで走行する車が現れると、車間距離を調整しながら90km/hまで速度を落とし、前方の車が隣の車線変更すると再び速度を上げて100km/h走行をキープしてくれます。

レーダークルーズでは、この前方を走る車の認識にはレーダーを用いて行っています。ですが、スバル車の「アイサイト」のようにカメラのみで前方を走る車の認識を行っている場合もあります。

スバル車のレビューを見てみる

スバルの自動ブレーキ「アイサイト」はどんな装置か?

スポンサーリンク

 

レーダークルーズコントロール搭載車(全車速追従機能付)の特徴

レーダークルーズの長所・短所について紹介します。

長所 ドライバーの疲労を軽減してくれる

高速道路を一定速度で走り続けるには、緊張感を保つ必要があるので想像している以上に疲労します。しかし、レーダークルーズがあれば速度調整に関しては車に任せる事が出来るので、ドライバーの疲労を軽減させることが出来ます。

長所 燃費が向上する

レーダークルーズを使用すると、車がその速度域で最も燃費に優れるエンジン回転数を保ってくれるので、人が運転するよりも燃費が向上します。

長所 渋滞緩和に効果がある

人が運転すると速度にムラが発生しやすく、緩い坂道では坂道だと気が付かずに速度を落としてしまい渋滞が発生する原因になる場合があります。しかし、レーダークルーズだと坂道で速度が落ちそうになると、自動的に速度を上げてくれるので渋滞の発生を防止してくれるのです。

短所 ドライバーの眠気を誘ってしまう

レーダークルーズの機能に頼りきってしまうと、自身の力で周囲の状況を確認しなくなってしまい、緊張感を保てないのでドライバー自身が眠気を感じやすくなります。

短所 急なアクシデントに弱い

レーダークルーズコントロールは飛び出しや、予測が不可能な状況に弱く、急ブレーキを掛けるタイミングが遅れることが考えられます。

スポンサーリンク

 

レーダークルーズコントロール搭載車(全車速追従機能付)がおすすめな人

レーダークルーズ装着車がオススメな人を紹介します。

高速道路を多用する人

一般的にレーダークルーズは高速道路でこそ真価を発揮する機能となっています。その為、高速道路を多用する人は疲労を軽減してくれたり、燃費向上に役立つレーダークルーズが大きく役立ってくれます。

安全性を重視したい人

レーダークルーズは最新の安全機能の1つで、いわゆる「自動ブレーキ」とセットになっている事が多くなっています。その為、安全性を重視した車に乗りたいと思っている人はレーダークルーズ装着車を選択すると良いでしょう。

高速道路に不慣れな人

レーダークルーズは車が自動的に速度調整を行なって安全に走行してくれます。その為、高速道路が不慣れな人が運転しても、前方との車間距離を調整しながら走行してくれるので安全に走行してくれます。

高速道路でも燃費を向上させたい人

レーダークルーズを使用すると、セットした速度に対して車が最も燃費に優れた走り方をしてくれるので、燃費性能の向上に役立ちます。その為、高速道路でも燃費性能を向上させたいと思っている人にはがオススメです。

 

他の車の知識についてはこちら

他のオプションについてはこちら

各自動車メーカーの車レビューはこちら

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*