車は必要?メリットは何だ?!所有することの魅力はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

移動手段としての車の魅力

人の移動手段には様々なものがあります。電車、バス、飛行機、高速鉄道、船、徒歩、自転車そして自動車です。それぞれの移動手段には一長一短があります。都市部では電車やバスが便利でしょう。自転車や徒歩は費用が安くエコです。長距離の移動には飛行機や高速鉄道が優れています。

それでは自動車を所有する魅力はなんでしょうか。基本的に自動車は移動手段としてオールマイティーなのが魅力です。近場の移動にも長距離の移動にも使えます。都市部でも田舎でも利用出来ます。荷物も運べます。複数名でも車内でプライバシーを保ったまま移動することが可能です。

最近は自動車を利用する際にもシェアという考え方が浸透して来ました。これは自分自身では車両を所有せずに何人かで自動車を共有して使いたい時だけその権利を行使するというものです。大変合理的な考え方です。しかしこの方法は自動車の魅了を余すまで引き出すことが出来ません。自分で所有する自動車は非常に即応性の高いものです。自分で所有する自動車は置き場所を自分の都合の良いところに保管しておくことができ、使うにあたって他の人のスケジュールと調整する必要もありません。シェアの場合は自動車を共同保管しているところまで出向く必要がありますし、他の人が使っていたら諦めざるを得ません。

そのような観点から移動手段としての自動車を自ら所有するということは非常に魅力的な形態であると言えます。

スポンサーリンク

 

運転することの楽しさ

一般の人は何種類もの自動車を運転し比べた経験というのは少ないと思います。ディーラー巡りで様々な自動車の試乗を趣味とする人もいるとは思いますが、自動車の走行性、使い勝手というものは実際に長期間その自動車と付き合い、晴れた日や雪の日、ワインディングロード・高速道路・都市部を走ったり、一人で乗ったり大勢で利用して見ないとわからない部分が多々あります。

自動車には様々なタイプのものがあります。走りに特化したスポーツカー、悪路を走ることを目的としたオフロードカー、荷物を運ぶことを目的としたトラック、大勢での移動を楽しいものにするミニバンといったものです。

そして自動車メーカーも実にたくさんあります。それらは実に多種多様でそれぞれ魅力に飛んでいます。そして前記したようにそういった魅力は実際に自分で所有して見ないと感じられない部分があります。

同じセダンでもメーカーによって全く違う顔を持っています。同乗者に優しいものもあれば、セダンでありながらスポーツカー顔負けのパワーを持って激しい走りをする車種もあります。

実際には人生のなかでそれほど多くの自動車を所有して魅力を味わうということはなかなか出来ません。ただ選ぶ過程でカタログを見てディーラーに行って実車を見てネットで実際に乗っている人の感想を見てといったことで所有する事に匹敵する情報を得ることが出来ます。

そういったことも自動車と付き合うこととの魅力といえます。

スポンサーリンク

 

個性を映し出す車選び

自動車を購入するにあたってはどのような車種を選ぶのかが問題になります。購入する場合は自分がどのように自動車を利用するのか、自分がどのようなデザインが好きなのかと言ったことがポイントになります。

実際に自動車購入時に色々音調べていくと様々な魅力にぶち当たると思います。そこでもう一つ選考するにあたって付け加えてもらいたいところが、その自動車を所有すると周囲からどのように思われるかという事です。自動車を所有するということは周囲の人に自分の人となりをアピールするという事にもなるのです。

40代の落ち着いた男性がセダンを選ぶと、「やっぱりな」と思われる一方、スポーツカーを選ぶと「意外と遊び心があるね」という評価になります。

また、同じセダンでも車種によって実に多様な魅力をそれぞれ持っています。そして見る人はそれを見ているものなのです。

自動車を所有するということは日常生活を送る上で実用性を高めてくれるだけではなく、運転することの楽しさを感じて、周りの人への自分の人となりをさりげなくアピールするという効果を得られるのです。

そして行動範囲を広げて魅力のある人生を演出してくれるのです。それは自分だけのことではなく恋人との楽しいひとときの演出や、家族の大切な思い出づくりにも役立ってくれるものなのです。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*