電子インナーミラーは後付けできる?仕組や動作は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

電子インナーミラーとは?

最近では純正オプションとして選択できることもある電子インナーミラーとは、物理的な鏡を利用したミラーではなく、バックモニターを後方ミラーに映し出す装置だと考えてください。
つまり、これを利用する為は同時に後方向けのカメラを車内に設置しないといけません。それとのセットで取り付けるものです。

それならいわゆるバックモニターと似たようなものだと思われるかも知れませんが、バックミラーとなると駐車時のアシスト程度の用途ではないので、常にリアルタイムなのはもちろん、高いフレームレートの解像度の高い鮮明な映像で表示する必要があります。

その為に、バックモニターより高性能な電子インナーミラーと一対になっている専用のカメラが必須となっています。
何よりバックミラーの位置で見ることができるので、バックモニターとは違い、モニターの映像だということを意識することなく利用できるのがポイントです。

オプションとして選択できる車は主に高級車のみとなっていますが、後から一般に販売されている社外品を取り付けることもできます

社外品の電子インナーミラーには、前後のドライブレコーダー機能が一体型となっているものもあるので、ドライブレコーダー購入を検討中の方はそういった商品を選ぶのも良いかもしれません。

ただし、車検に対応しているかを確認してから取り付けてください。
安価な海外製品だと、一部はきちんとしたバックミラーとは扱われないこともあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

電子インナーミラーのメリットとデメリット

電子インナーミラーのメリットデメリットを紹介します。

電子インナーミラーのメリット

映像が逆転しない

電子インナーミラーはバックモニターの進化系とも呼ぶことができます。
モニターの映像をそのままバックミラー部分に映す出すので、ミラーとは違う左右が反転していないそのままの映像だという点もメリットの1つです。

後部座席やラゲッジの荷物を気にする必要が無い

何より後部座席に誰かが乗っていても、それを全く気にせずに後方が確認できるという点が優れています。
通常のバックミラーでは見る角度によってはよく後方が見えないこともありますが、その点も全く問題ありません。

また、ハッチバックタイプの車のラゲッジスペースに背の高い荷物を載せても後方視界を確保することができます。

ドライブレコーダー機能

ドライブレコーダー機能が備わっている電子インナーミラーのモデルも存在します。
ドライブレコーダーを検討している方は、そういったモデルを選択することで、少し資金を足すだけで電子インナーミラーとドライブレコーダーの機能を車に追加することができます。

電子インナーミラーのデメリット

角度をつけての後方確認ができない

どの角度から見ても常に一定の映像になるので、ちょっと角度を付けて後方を見るということができません。
普通のバックミラーから変更すると、最初は多少違和感があるかも知れません。

故障の可能性がある

後方用のカメラやモニターは電子デバイスになるので、故障の可能性も否定できません。
その時には即座に通常のミラーとしても利用できるようになっていますが、すると感覚がまた変わるので、このような点にも注意しておく必要があります。

取り付け作業が発生する

後方用のカメラはバックドアの内側に取り付けて、そこからミラー部分まで配線を結ばないといけません。
ミラー部分だけを取り替えればいいというものではないので、最初からオプションとして搭載する場合以外は多少のその手の作業も必要になります。

スポンサーリンク

 

電子インナーミラーがおすすめな車は?

ハッチバックやワンボックスカーなど、運転席から後方の窓までの距離が遠い車ではこの電子インナーミラーは特に有効だと言えるでしょう。
その間に人座っていても、大きな荷物を積んでいても、後方用のカメラさえ遮っていなければ常に鮮明な後方映像が確認できます。

また、元々バックミラーがほとんど役に立たない後方の窓がとても見難いタイプの車でも、カメラを取り付ける位置によっては綺麗な後方映像を見ることができるので、そのような車ではとても有効だと言えるでしょう。

タイプによってはミラー部分を1つの映像ではなく、左右別々の映像にできる製品があります。
その為には2つの後方用のカメラを取り付けなくてはいけませんが、こういった使い方に慣れると物理的なミラーより便利なのは間違いありません。

ただし、この電子インナーミラーはバッテリーを利用するので、車によってはその容量も考えた上で取り付ける必要があります。
電気が入っていない時には全く映らないのはもちろん、不意にカメラ部分を何かで遮ってしまった時に急に映らなくなってしまうこともあるので、決して万能だとは言えませんが、従来のバックミラーより安全性の高い新しい形のバックミラーとしてこれから更に普及が進んでいくものと思われます。

     

スポンサーリンク

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク




コメントを残す

*