車のボディは撥水?親水?どちらのコーティングがいいの?違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ボディコーティングを使うと車のボディに水分が付着したままにならなくなり、雨染みなどが出来てしまうのを避けられる効果があります。
車のボディが変色してしまう一番の原因は日光による焼けですが、この雨染みも意外と馬鹿になりません。
特に乗り換えを考えている場合、査定金額に響いてしまうそのようなボディの変色は少しでも避けたいものです。

そんなボディコーティングを選ぶ際に親水や撥水があります。
「撥水と親水の違いは?」「どちらを使ったらよいのか?」そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

撥水と親水とは?違いは?

車のボディコーティングには色々な種類がありますが、大きく分けると撥水と親水の2種類です。
この2つの主な違いは、どう水を弾くかという点です。

親水ボディコーティング

撥水のボディコーティングは、どれもその名前から想像できるように、水を完全に弾きます。
例えば雨が降った時にはそれが丸い水玉になってポロポロとボディから零れ落ちるという感じです。
このような撥水加工はレインコートなどにもよく使われているので、そのイメージで考えると分かりやすいと思います。

親水ボディコーティング

親水のボディーコート剤でコーティングしたボディに雨が降ると、そのまま流れ落ちる感じになります。
一見では全く何の加工もしていないように見えますが、しっかりと水分がボディに付いたままにならないように自然に流れ落ちるようになるのです。

スポンサーリンク

 

撥水・親水のボディコーティングのメリット・デメリットは?

撥水ボディコーティングのメリット

水を弾くボディにしたいと思う場合には、撥水のボボディコーティングの方がおすすめになります。
見た目にもきちんと弾くようになるので、誰が見てもしっかりとコーティングしているのが分かります。

撥水ボディコーティングのデメリット

この撥水のデメリットとして、弾かれた水分が水玉の状態でボディに付いてままになることがあります。
特にボンネットの上にそのような状態で残ってしまうことが多く、それをそのままにしておくと、レンズ効果(水玉がレンズの役割をしてしまう)によってその部分が色焼けを起こしてしまうことがあるので注意してください。
雨が降ってそのような状態になり、すぐに陽が出たような時には特に注意が必要です。

親水ボディコーティングのメリット

親水ボディコーティングは見た目に今ひとつ効果が分からないこともありますが、きちんと水分がボディに残らないように流してくれます。

親水ボディコーティングのデメリット

撥水とは違ってすぐに弾くという訳ではなく、雨の中を走ってきて車庫に留めた後に、まだボディに残っていた水分が流れ出すということがあるのです。
水分が車のボディに付着してから、それが流れるまでにタイムラグとも言うべき時間が多少あるので、車を留めた後にその下がびちゃびちゃになってしまうことがあります。
車に水分が残ったままになるよりはもちろんマシだと思いますが、親水のボディコート剤を使う時にはこれに注意した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

 

撥水・親水のボディコーティングの口コミは?

撥水と親水のボディコーティングを普段から使っている人の口コミを見てみましょう。

撥水は力強く水を弾きます

車のボディーコートには撥水のものを好んで使っています。
やはり、親水とは違ういかにも水を弾いているように見える力強さが気に入っています。

ただし、ボンネットやルーフ部分に弾かれた水玉が付いたままになることも多いので、雨の日には車庫に入れた後にそれぞれを軽く布拭きをしています。
いくらしっかりとコーディングをしても完全に弾き飛ばすのは無理ですね。

親水はゆっくり水が流れます

新車に乗り換えたのをきっかけに、親水のボディーコート剤を使うようになりました。
撥水のものより自然な感じで水分の付着を防ぐことができるのが私の性格に合っています。

ですが、車を降りる時にまだドアや窓に水分が残っていることが多く、それで服が濡れてしまう場合が少なくありません。
水分をすぐには弾かずにゆっくり流れ落ちるという親水の特性を考えると、これは仕方がないのかも知れません。

撥水・親水の口コミまとめ

口コミにあるように、撥水、親水共にどちらのボディコーティングにも良い点と悪い点があるようなので、自分に合っていると思う方を使うのが一番だということでしょう。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*