車のホイールサイズや種類を交換するメリットは?違いはタイヤや見た目?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

様々な種類とサイズが存在しているホイール。車を購入した際についてくる純正ホイールを交換して別の種類やサイズのホイールを装備している車が良く見られます。なぜでしょうか?ホイールサイズを大きくするインチアップや小さくするインチダウン、そういったカスタマイズを行うことにどんな効果があるのでしょうか?

本記事は「ホイールの種類やサイズを交換することでのメリット」について紹介します。

 

車のホイールは種類やサイズでタイヤが変わる?

車のタイヤの中心には必ずホイールが付いていますが、これは車と一体になっている訳ではなく、他の種類やホイールサイズへと交換することができます。

では、ホイールの種類やサイズを交換することにどんな意味があるのでしょうか。ホイールの種類やサイズの違いによって履けるタイヤが変わってくるのです。タイヤには同じ直径でも色々なインチサイズ(横幅)のものが用意されています。また、タイヤの空いている部分(中央の穴)の大きさも様々で、気に入ったタイヤを履く為にはまずそのタイヤに合ったサイズのホイールへ交換する必要があるという訳です。

このホイールサイズの違いによって、それに取り付けることのできるタイヤがかなり変わります。一例に現行のプリウスを挙げますが、この車の標準のタイヤサイズは195-65となっています。前の195はタイヤの横幅を表すインチサイズで、次の65は偏平率と呼ばれる中央の穴の大きさによって大きく変わる数字です。同じ直径で横幅も同じタイヤなら、この数字が小さいほど中央の穴が大きいということになり、インチサイズも直径も同じタイヤ同士でも、195-65と195-45ではタイヤを横から見た時のゴムの厚さが全然違います。

ホイールのサイズや種類を変える大きな理由は、この偏平率が今までとは違うタイヤを履く為だと言っていいでしょう。

スポンサーリンク

 

ホイールサイズを変えて偏平率の違うタイヤに交換する意味は?

車はホイールサイズを大きくし、偏平率の小さい(ゴムが薄く見える)タイヤを履くほど乗り味が硬くなります。それだけタイヤの中のチューブの空気が薄い部分に凝縮されるからです。

逆に、偏平率の大きなタイヤに交換すると乗り味が柔かくなり、主に段差を乗り越える時の衝撃を和らげることができたり、停止時の衝撃も緩やかになると考えてください。高級車のタイヤが他の車に対して比較的厚く見えるのはこの為です。

そして、このタイヤやホイールサイズの違いは車の加速性能や最高速度にも大きな影響を与えます。メーカーが発表している車のカタログスペックは標準サイズのホイールに標準サイズのタイヤを取り付けた時のものなので、タイヤやホイールの違いによって結構数字が変わってくるのです。

例えば標準より乗り味が柔らかくなるようにすることで、加速力は下がります。その反対に硬くすると、カタログスペック以上の加速力を発揮することもできるようになりますが、前述のように乗り心地という部分が犠牲になってしまいます。

よって、乗り心地より車自体の性能を上げたいと思った時には、今までより大きなサイズのホイールに交換して、偏平率の小さなタイヤを履くといいでしょう。ただし、交換前とはブレーキ時の車の挙動も結構変わるので、これには充分に注意してください。

スポンサーリンク

 

車のホイールの種類やサイズ交換はインチアップや見た目上にも大切です

タイヤには厚さの他に横幅の違いもあります。厚さは同じでもこの横幅のインチが大きいものに変えるほど地面との設置面積が増え、走行の安定感が増すと考えていいでしょう。ただし、タイヤを太くするほど加速力は落ちてしまうので、その分を薄さでカバーするなど、どのようなタイヤを履くかは自分の求めるバランスとの問題になるでしょう。

このインチアップができるかどうかということにも、ホイールサイズと種類の違いはとても大切で、ホイールによって取り付けられるタイヤのインチの範囲が決められています。あくまで大体ですが、標準で195のタイヤが付いているホイールなら、その1つ上の205インチなら問題なく取り付けられるという具合です。この範囲のことをタイヤから見て、適用リム(ホイール)幅と呼んでいます。

ここまで主に実用面の話を中心にしてきましたが、ホイールを変えるもう1つの大きな理由に、その”見た目”があることも付け加えておきます。

ホイールは基本的には履けるタイヤの為に変えるものですが、中には見た目がとてもカッコ良かったり、カラフルな色の種類のホイールも用意されています。ホイールの種類は決して性能の為に変えるのではなく、そのような見た目上のホイールの違いを楽しむのも大切なことだと考えている人も決して少なくないのです。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*