ランフラットタイヤとは?乗り心地や価格にデメリットがある?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ランフラットタイヤとは?構造は?

ランフラットタイヤとはタイヤにパンクしたとしても、タイヤ交換をせずに100km程度の走行が可能となっているタイヤとなっているのが大きな特徴です。


出典:https://lexus.jp/

その為、通常のタイヤではパンクが起きるとタイヤ内の空気圧が急激に減少することで操縦性能が悪化し、車をコントロールすることが出来なくなって事故に至ってしまう可能性があったり、後続車に追突される危険性がある場所で動けなくなり事故を誘発する危険性がありますが、ランフラットタイヤならばパンクが起きたあとでも暫くは走行することが出来るので事故に遭遇するリスクを回避できます。
また、高速道路や治安が悪い地域で車外に出てタイヤ交換や修理を行う必要がなくなります。

ランフラットタイヤがパンクしても走行できる理由はタイヤの構造に違いがあるからです。
現在のランフラットタイヤの中で多くのメーカーが採用しているのは「サイドウォール強化タイプ」と呼ばれるもので、タイヤのショルダー部(サイドウォール)の剛性を通常のタイヤよりも強化することで、パンクによって中の気体が抜けた状態になってもサイドウォールによってタイヤの形状を維持して車を支えるのです。
その為、パンクを起こしてもドライバーは走り難さを感じ難くなっているので、パンクを伝える警告灯をセットで利用することが協定で定められています。

スポンサーリンク

 

ランフラットタイヤの特徴は?

ランフラットタイヤの特徴(メリット・デメリット)を紹介したいと思います。

ランフラットタイヤのメリット

パンクしても一定の距離なら走行可能

ランフラットタイヤの最大のメリットは「空気圧がゼロの状態になったとしても一定の距離を走ることが出来る」という点が挙げられます。
つまり、パンクしたとしても一定の距離ならば走り続けることが出来るタイヤとなっています。

車内スペースの有効活用がおこなえる

ランフラットタイヤを使用している車は基本的にスペアタイヤの積載が不要となっています。
多くの車ではトランク下部にスペアタイヤを積んでいたり、パンク修理キットを用意していたりしますが、その場所もトランクスペースとして有効活用することが出来ます。

ランフラットタイヤのデメリット

乗り心地の悪化

ランフラットタイヤのデメリットとして一番多く言われている点は「乗り心地の悪化」が挙げられます。
これはランフラットタイヤの構造上の問題でサイドウォールの剛性を強化することにより、タイヤ本来が持っているゴムの弾力性が低下してしまうからです。

価格が高い

ランフラットタイヤは通常のラジアルタイヤと比べると価格が高く設定されています。
しかし、近年ではランフラットタイヤの流通量が増えているので、価格的には以前よりも安くなってきています。

スポンサーリンク

 

ランフラットタイヤがおすすめなのは?

ランフラットはどんな人、車、用途におススメかを紹介したいと思います。

タイヤ交換に慣れていない人

タイヤ交換を行ったことがある人は少ないと思いますが、非常に手間が掛かる上に力仕事となるので、多くの人がしたくないと感じる作業です。
通常のラジアルタイヤを履いて走行しているとパンクしてタイヤ交換を迫られる状況になる可能性は絶対にないとは言えません。

しかし、ランフラットタイヤを使用するとパンクしたとしても一定距離なら走行可能なのでタイヤ交換を行う必要がないので、タイヤ交換に慣れていない人もパンクのリスクを考えずに済みます。

スポーツカーなどラゲッジルームが広くない車

通常のラジアルタイヤを使用しているとパンクに備えて、スペアタイヤやパンク修理キットを積載する必要があります

ですが、スポーツカーのようなラゲッジルームが広くない車ではスペアタイヤやパンク修理キットが場所をとることで、ラゲッジルームの容量を狭めてしまうことになります。

しかし、ランフラットタイヤを使用するとスペアタイヤやパンク修理キットを積載する必要がなくなるので、ラゲッジルームを広く使うことが出来ます。

治安状況の悪い場所を走る場合

タイヤがパンクして修理する際には車外に出て作業を行う必要があります。

しかし、パンクしたのが治安状態が悪い地域だと女性が1人で車外に出て作業するのはリスクがありますが、ランフラットタイヤならばパンクしたとしても修理工場やディーラーまで自走することが出来ます。

     

スポンサーリンク

     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク




コメントを残す

*