ディーラーオプションと値引きの仕組みはどうなってるの?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

ディーラーオプションの値引きは当然?

各社のディーラーから新車を購入する際には、値引き交渉をするのが当然です。車にはカタログ価格(定価)が設定されていますが、実際にはそこから値引きがあるのが前提だと言っていいでしょう。

しかし、発売したばかりの車やバックオーダーを多く抱えている人気車だと、大した値引きをしてくれないことがほとんどで、その分、ディーラーオプションから値引きをすると提案されるケースが多いです。

このディーラオプションは、多くの人が何かしらは付けるものですが、実はかなり割高な価格設定です。あるメーカーのナビゲーションシステムがオプション扱いの車では、その値段がざっと20万円です。正直なところ、社外品で6~7万円程度で出せばいいものが付けられます。このように、とても割高なケースがほとんどなので、ディーラーオプションから割引くという形での値引きは、車自体からの値引きとは分けて考えないといけません。

よって、ディーラーと値引き交渉をする際には、オプションの話が出る前に、車本体の価格からいくら値引きを引き出せるかがポイントになります。車本体からはほとんど引けないが、オプションをたくさん付ければそちらから値引きますという話にすぐにもっていかれないように気を付けてください。

スポンサーリンク

 

メーカーやディーラーはグレード差やオプションで儲けている?

新車を販売した時の利益は、実はその多くがディーラーオプションとグレード差によるものです。車にはそれぞれベースグレードがあり、それよりエンジンなどが良かったり、装備の多い上のグレードになると、当然差額が生じます。しかし、製造する側から見ると、その差額ほど生産上の差はないのです。

その為、ディーラーはどの車でも決してベースグレードは勧めてきません。それを希望する人に対してうまい文句として、「この車を選ばれる多くの人はこの1つ上のグレードにしています」などと言ってくることが多いのです。

これはオプションについても言えることで、オプションはどれも割高なものばかりなので、注文されればされるほど(その分の元手に対して)利益になります。多少割引いても大儲けだと言ってもいいくらいです。

特に、タイヤとホイールのセットには気を付けてください。これらを注文した場合、値引きがあったとしてもまず損をしています。ディーラーは当然それぞれ定価ベースで計算するので、このセットの定価が30万円、でも10万円を値引くので20万円という形で提案されると、10万円の値引いてくれるのかと思ってしまうかも知れませんが、正直なところ、これらは半額にしても平気で利益が出るのです。

タイヤとホイールを専門に、定価から3割引、4割引といういかにも安く見える値段で販売している専門店がありますが、これらはそれだけ値引いても充分に利益が出るほど安く仕入れることができるのです。ディーラーオプションとしても、どうしてもの場合以外はこれらは注文してはいけません。

スポンサーリンク

 

メンテナンスパックに騙されないでください

ディーラーとの値引き交渉で、そこまで値引きはできないが、最初の車検までの3年間に定期メンテナンスパック(各種の調整、オイル交換、タイヤなどの消耗品の優待価格での販売)を付けると提案されるケースがあります。

このメンテナンスパックは、一見これに入って入れば安心だと考えてしまうそうですが、全然得になっていません。それは、ディーラーではタイヤやオイルも含めて、全てのパーツや消耗品を定価で計算しているからです。

タイヤやオイルの交換をディーラーで行うと、平気でガソリンスタンドや量販店の倍以上の値段をとられます。それだけ高い設定の(一応定価ベースですが、これらに定価などあってないようなものです)値段を新車の割引にとして考慮されても、実は全然得になっていないということです。

ディーラーと新車の値引き交渉をする際には、必ず車本体からの値引きを引き出してください。ディーラーオプションをたくさん付ければそちらから値引く、その代わりにお得なメンテナンスパックを付けるといった文句に騙されてはいけません。

また、必要以上に上のグレードにしても、差額分で損をすることになってしまいます。グレードを上げた時には、その分値引きも多く出してもらうように交渉に挑んでください。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*