車のコーティングの意味や効果は?施工する意味がある人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

愛車をいつもピカピカにしてくれるコーティング。
施工費用が意外と高く、車のコーティングを施工する意味や効果、またはメリットをしらなければ「本当に意味あるの?」と施工するかどうか迷われる方もいらっしゃると思います。そんな方の為に車のコーティングを施工する「意味」「効果」「メリット・デメリット」「車のコーティングを行う意味がある人」について紹介します。

車のコーティングの意味や効果は?

車のボディは常に紫外線にさらされ、雨風のほか、鳥の糞や花粉、砂や泥、鉄粉など絶えずボディを傷付けたり、汚したりする過酷な環境のもとにおかされています。特に屋外に駐車している車の場合は深刻です。

そこで少しでも車のボディを綺麗に保ちたいのなら、新車で車を購入した際に合わせてコーティングを行うのことが効果的しょう。コーティングはその名の通りボディを特殊なガラスコート剤やフッ素コート剤などで覆ってしまい、紫外線や雨、様々な汚れから守る効果があります。それと同時に、表面が綺麗に均一化されることで、美しい輝きを与える効果をも得ることが可能となります。

以前はワックスがけを行い、その効果でボディに輝きを与え、雨や汚れから守っていました。しかし、ワックスは美しい輝きを手に入れることができる反面、効果の持続性が乏しく頻繁に行わなければ意味は薄いことや、ワックスがけに手間と時間がかかるというデメリットがありました。それに対してディーラーでコーティングを1度行えば、ワックス以上の輝き効果を手に入れることができながら、コート剤の種類にもよりますが非常に効果の持続性が高いので、しばらくは何もする必要はなく美しい輝きを維持することができます。汚れても、水洗いをすれば簡単に洗い流すことができ、非常に施工する意味のあるものです。

スポンサーリンク

 

車のコーティングのメリット・デメリットは?

コーティングのメリット・デメリットについて紹介します。

車のコーティングのメリット

コーティングのメリットは、車を汚れから守り、圧倒的な輝きを得ることができる効果です。特に、ディーラーなどプロの業者に施工を頼んだ場合の仕上がりは驚くばかりです。プロの場合、コーティング剤を塗布する前に、徹底的に下地作りを行います。これは美しい輝きには欠かせないことで、デコボコしたところにいくらコーティング剤を塗布しても意味は無く、美しい輝きを手に入れることはできません。そのためプロは研磨剤などを使って何度も磨きをかけながら下地を作り、その上からコート剤を塗布していきます。もちろん、新車の場合は表面がまだ綺麗なので簡単な下地処理で済みます。

車のコーティング剤として効果に定評があるのはガラスコーティング剤です。ボディの表面に固くて薄いガラスの膜を作ることで、ボディの表面を守ります。耐久性が高いので1回施工すると数年は持ちます。

このコーティングを行うことで、洗車が本当に簡単になる効果も大きなメリットです。汚れたら軽く水洗いするだけで、元のピカピカの状態に戻すことができます。もし雨が降れば、その雨と一緒に汚れが流れ落ちてくれることでしょう。

車のコーティングのデメリット

デメリットは施工費用がやや高めであることです。ただ1度施工すれば効果は数年は持つので、長い目で見れば決して高いわけではありません。また自分でコーティング剤を購入して行うことも可能ですが、かなり高度なテクニックが必要です。

スポンサーリンク

 

車のコーティングを行う意味のある人は?

では、車のコーティングはどんな人に意味があるしょうか?紹介したいと思います。

いつも愛車をピカピカにしてたい人

コーティングがおすすめな人は、モーターショウなどに並んでいる車のように、とにかく車をいつもピカピカにしていたい人です。美しいボディの輝きを見ているだけで幸せな気分に浸れる人は、施工する意味があるでしょう。

ワックスがけが面倒な人

洗車やワックスがけが面倒という人にも非常に意味があります。ワックスであれば3カ月に1度は施工しなければ効果が落ちますが、高品質な車のボディコート剤を使用して施工すれば、1年以上何もしなくても効果は大丈夫です。水洗い洗車の場合も汚れが落ちやすいので、ごしごしとこする必要がありません。

屋外駐車をしている人

屋外駐車をしている人も施工する意味があります。車を運転していなくても、外に車を駐車しているだけで、だんだんと汚れていくものです。しかし、コーティングをしっかり行っていれば、屋外駐車でも汚れが付きにくく、多少汚れたとしても、すぐに水で洗い流すことができます。

黒などの濃いボディカラーの車に乗っている人

黒などといったボディカラーの車に乗っている人は特に意味があります。濃いボディカラーの車はほこりや汚れが目立ち洗車の回数多くなります。その為、簡単に洗車が行えるコーティングを施工した方がいいでしょう。また、車のコーティングの種類よっては洗車傷に強い種類もあるので洗車傷が目立ちやすいボディカラーの方は特に必須となります。

車の色はどれが人気?色別の特徴やリセールバリューは?

中古車に新車の輝きが欲しい人

中古車として購入した場合はなお一層施工する意味があります。というのはボディはすでに経年劣化によってかなり輝きを失っている状態にあるからです。もしオプションとして用意されているなら、施工することで新車のような輝きを取り戻すことができるでしょう。ちなみに新車のときに行えば、新車以上の輝きとなります。

 

車のコーティングまとめ

車のコーティングは高い施工費用以外には特に目立ったデメリットはなく、逆にメリットばかりです。予算が許すのであれば施工することをおすすめします。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*