スカイアクティブとは?マツダの搭載車の特徴やおすすめな人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

         
       

マツダ スカイアクティブとは?

スカイアクティブはマツダが開発・製造している自動車に採用が進められている自動車技術の総称で、2010年に新世代技術として発表されました。

スカイアクティブに含まれる技術としては以下が挙がります。

  • ガソリンエンジンに含まれる「SKYACTIV-G」
  • ディーゼルエンジンに含まれる「SKYACTIV-D」
  • オートマチックトランスミッションに含まれる「SKYACTIV-DRIVE」
  • マニュアルトランスミッションに含まれる「SKYACTIV-MT」
  • ボディに含まれる「SKYACTIV-BODY」
  • シャーシに含まれる「SKYACTIV-CHASSIS」

スカイアクティブでは従来なら別個に設計されていた主要なコンポーネントの設計時期を包括的に同時刷新することにより、車両全体での最適化を図るという特徴があります。
また、スカイアクティブを採用した車種では車両製造時の誤差を最小限に抑えることにより、カタログスペック通りの性能を保証するポリシーが貫かれています。

スカイアクティブは燃費性能を高めるだけではなく、車を運転する楽しさや、車両全体の質感を高めることにも貢献しており、現在のマツダを大きく特徴づける自動車技術となっています。

スポンサーリンク

 

マツダ スカイアクティブのメリット・デメリット

マツダが採用を進めているスカイアクティブのメリット・デメリットについて紹介します。

メリット1 既存の技術のブラッシュアップ

スカイアクティブの技術は燃費性能の向上に大きな役割を果たしていますが、基本的にはガソリンエンジンやディーゼルエンジンといった既存技術をブラッシュアップして、更なる高効率化を実現したものとなっています。その為、ハイブリッド車や電気自動車のように高価な大型バッテリーや、モーターを使用していないので、同等クラスの燃費性能を実現していながら、販売価格を抑えることに成功しています。

メリット2 燃費性能だけでなく、運転する楽しさも追求

スカイアクティブの技術は燃費性能に注目されていますが、それだけではなくハイブリッド車や電気自動車では不可能な、レシプロエンジンを操る楽しさや、車両全体の運動性能の向上といった車を運転する楽しさも追求しています。

デメリット1 開発時期やフルモデルチェンジのサイクルが長くなる

スカイアクティブの技術はマツダが社を挙げて開発を進めて、全車種に採用が進められています。その為、多くの車種で同世代のスカイアクティブが搭載されるので、次世代型の開発は一巡が終わった後になり、1つの車種でのフルモデルチェンジのサイクルが長くなる傾向にあります。

スポンサーリンク

 

マツダ スカイアクティブ搭載車が向いている人

マツダのスカイアクティブ搭載車が向いている人について紹介します。

低コストで燃費性能が高い車が欲しい人

スカイアクティブ搭載車は既存のレシプロエンジンの技術をブラッシュアップしたものとなっており、高い燃費性能を実現していますが、販売価格自体は同クラスのハイブリッド車や電気自動車よりも安くなっています。その為、低コストで燃費性能に優れた車が欲しい人には向いています。

ハイブリッド車や電気自動車に馴染まない人

ハイブリッド車や電気自動車ではエンジンではなくモーターでの駆動することになります。その為、運転する感覚はレシプロエンジンとは異なる部分があり、従来のレシプロエンジンの持ち味が好きな人には馴染まない場合があります。
しかし、スカイアクティブ搭載車ではレシプロエンジンの効率化を追求したものとなっているので、レシプロエンジンの特徴や持ち味が強く残されています。

基本性能を高めた車に乗りたい人

スカイアクティブは高い燃費性能の実現と、走る歓びを追求した技術となっています。その為、エンジンだけでなくトランスミッションやシャーシといった車全体の完成度も高められており、運転していて楽しくなる車になっています。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*