車のタイヤサイズを変える意味とそれによる影響とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     
         
 

スポンサーリンク

       

車やホイールによって適合タイヤサイズの範囲があります

車のタイヤサイズとは、一般にタイヤを立てて見た時の横幅(タイヤのインチ)のことです。直径の方を大きくすることもできなくもありませんが、その為には車の車高の調整が必要だったり、場合によってはタイヤの周囲のエプロン部分を削らなくてはいけないなどの大工事になってしまうので、このタイヤサイズを変えるという意味は、今とは横幅の違うタイヤに履き替えることだと考えてください。

タイヤサイズはインチ単位で表現されます。例えば現行のプリウスの純正タイヤは195/65という仕様で、前の数字の195が横幅を表しています。次の65という数字はそのタイヤの偏平率で、少し難しい話になりますが、同じホイールに装着する直径が同じタイヤ同士だと、この数字が小さいほど横幅が大きいということになります。車にあまり詳しくない人は、最初の195の部分だけを気にしておけば特に問題はないでしょう。偏平率は後から勝手についてくるものだと思って構いません。

装着できるホイールのサイズは車によって違いますが、それによって履くことのできるタイヤサイズ(以下、サイズは全て横幅のことを表します)に制限が出ます。ホイールの制限を超えるサイズ、または極端に小さいサイズのタイヤを履くことはできません。

スポンサーリンク

 

タイヤサイズを変える際の注意点

タイヤサイズはホイールやその車の許容範囲であれば自由に変えられるというものでもありません。それは、車は車検を通過しないことには公道を走れないからです。

車を正面から見て、少しでもタイヤがボディからはみ出ていると車検を通ることはできません。よって、どれだけタイヤサイズを大きくできてもギリギリのサイズまでです。先ほどのプリウスを例に挙げると、純正のタイヤサイズは195ですが、215までのサイズを履くことができます。

どの車でも純正のタイヤサイズのまま乗ることでメーカーが思った通りの性能を発揮できますが、遭えてその性能を変えたいと思った時に一番手軽にできるチューンだと言えるでしょう。もし新しいタイヤによる影響が気に食わなかった場合にはタイヤさえ戻せばすぐに元通りにできるからです。

尚、タイヤサイズの変更はいつ行っても構いませんが、前述の車検を通らないようなサイズへの変更は絶対に避けてください。そのような状態で乗っていて、もし事故でも起こしてしまった場合、掛けている保険が適用されない可能性があるからです。

車の保険の適用には色々な条件がありますが、きちんと車検を通る状態で乗っていることが第一に求められます。更に、無理なインチアップは改造車両と扱われてしまい、運転しているだけで警察のお世話になってしまうこともあるので注意してください。

スポンサーリンク

 

タイヤサイズを変えることで車に出る主な影響

タイヤサイズは無理に変えればいいというものではありません。サイズを大きくする=インチアップをすることで地面との設置面積が増えることになり、逆に小さいサイズに変えれば減ることになるので、それによる影響を充分に考えないといけません。

地面との設置面積が増えると、その分安定感が増します。これはタイヤが太いオフロードタイプの
自転車と、すごく細いタイヤでかなりスピードが出るロードバイクを比較してみると分かりやすいと思います。車でも同じようにタイヤが太いほど安定感が増し、スリップや横滑りに強くなり、ブレーキも掛かりやすくなります。しかし、自転車の例のように、タイヤサイズが大きくなるほどスピードは出難くなります。加速にも影響を与えてしまうので、あまり太いタイヤを履くのも考えものです。

逆に、タイヤを細くすれば加速力が上がり、スピードも出るようになりますが、安定感を犠牲にすることになることを忘れてはいけません。この安定感とは、一般道を走る際には主に曲がる時に大きな影響があり、雪道や凍った路面を走る場合には更に注意が必要になります。雪道用のタイヤにスタッドレスタイヤというものがありますが、これを履く際には今までより大きなタイヤを履くとより安全に走れると言えるでしょう。

また、タイヤサイズは燃費にも影響を与えます。太いタイヤほどそれが悪くなってしまうので、このタイヤのサイズはただ大きく、また小さくすればいいというものではなく、目的をもって変更することが大切です。

     

スポンサーリンク

 
 
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

にほんブログ村バナー

スポンサーリンク




コメントを残す

*